金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"多くの人が勘違いする「韓国いちご問題」3つの誤解" コメント者の趣旨は「日本産いちご × 日本産いちご = 韓国産いちご」という子供だましの詐欺士的屁理屈を対抗措置という高尚な対応と認めるなと言うこと!!

 ある熊本県のフルーツギフトショップの経営者が「多くの人が勘違いする「韓国いちご問題」3つの誤解」と題して次のとおり書いている(リンクはこちら)。

先日書いたカーリング女子の「韓国のいちごおいしい」発言の裏事情の記事に対して、私の元に多数の賛成・反対の意見を頂きました。また、ビジネス雑誌・プレジデントでこの問題について詳しく書かせて頂く機会があり、問題の大きさをひしひしと感じています。
 私の元へ頂いたコメントを一つ一つ読ませてもらいましたが、やはり、みんな感じるところは同じですね。それは盗みを働く「ドロボウに対する怒り」です。
 みんなの怒りの感情をよく理解できると共に、気になったことがあります。それはこの問題、間違った情報や噂がネット上を独り歩きしており、誤った認識をしている人がかなり多いということです。代表的なのは次のようなものです。
「日本政府は何も動いていない!この問題は対応を放置した日本政府の責任だ!」
「一般人では何もできない。政府が早くなんとかするべきだ」
 …なるほど、確かに書いた人の気持ちは分からなくもありません。しかし、気持ちは分かりますが同時に正しい認識でもないと思います。
 これらの誤解についてお話したいと思います。

誤解1. 日本政府は何もしていない。
 「日本政府はなんとかしろ!弱腰外交の責任を取れ!」という声がネット上で多く見られます。しかし、これは誤りです。日本政府は決して何もしなかったわけではありません。
 2000年初期、韓国で栽培されている約65%ものいちごが、日本産のいちご苗を無断で使用していました。国内で勝手に栽培するだけに留まらず、韓国は日本品種のいちごを日本へ輸出を始めたのです。この事実を確認した日本政府はいちごを輸出禁止にし、2008年に日本は韓国に対して年間30億ウォン(約3億4000万円)に上るロイヤリティの支払を要求しています。日本に輸出を差し止められたことで、韓国内では大量のいちご余りが起きたようです。
 それまで好き勝手に日本の苗を元にいちごを栽培していた農家にとって、ロイヤリティの支払負担は重く感じたようです。韓国はロイヤリティの請求に対して「金額が高すぎる」と反発し、韓国は自国農家を保護するために国ぐるみで日本への対抗措置を考案します。それが「韓国産いちごの開発」というものです。彼らは「雪香(ソルヒャン)」という品種を誕生させて、まんまと逃げおおせてしまいました。
 これは純日本いちごを栽培・販売すると日本にロイヤリティの支払をしないといけなくなるので、韓国産いちごを作り、それを販売するという方法です。ちなみにこの新品種は日本のいちご品種同士をかけ合わせて作ったもの、というから驚かされます。
「日本産いちご × 日本産いちご = 韓国産いちご」
ということになるのですからおかしな話ですよね?ちなみに雪香を開発したキム・テイルという農学博士は、「日本とのロイヤリティ戦争に打ち勝った英雄」とされているようです。
 最終的には逃げられてしまったわけですが、日本政府は韓国の輸出を禁止にし、更にロイヤリティの支払いを要求するというアクションを取っています。決して「弱腰外交で何もしなかった」、ということは決してありません。

誤解2. 一般人は何も出来ないので、国がなんとかするべき問題だ
 一般人は何も出来ないわけではありません。問題を認識することが再発防止への重要なステップになるのです。

誤解3. 日本のフルーツは海外に受け入れられない。
 なんとも腹立たしい限りですが、韓国がいちごを他国に売りまくっているのは彼らのマーケティング努力をした結果なわけで、日本も努力することで販路が開けると考えています。事実、近年における日本のフルーツ輸出の伸びは目覚ましいものがあることをデータが示しているのです。
 韓国にいちごを奪われるも、日本いちごは海外輸出を伸ばしています。しかし、韓国はそれ以上に輸出を伸ばしているのですから、この部分に販売機会のロスがあるのです。

黒坂 岳央
フルーツギフトショップ「水菓子 肥後庵」 代表



 最もおかしいのはやはり「誤解1」の「最終的には逃げられてしまったわけですが政府は韓国の輸出を禁止にし、更にロイヤリティの支払いを要求するというアクションを取っています。」の部分だろう。
 「日本政府は何も動いていない!この問題は対応を放置した日本政府の責任だ!」というコメント者の趣旨は、「日本産いちご × 日本産いちご = 韓国産いちご」という子供だましの詐欺士的屁理屈を「対抗措置」という高尚な対応と認めるなと言っているのである。

 「誤解2.」の「問題を認識することが再発防止への重要なステップになるのです。」は余りにお花畑なので笑ってしまう。
 韓国のような確信犯国家に対しては、いくら「問題を認識」したところで、「再発防止への重要なステップ」になどならない。

 「誤解3」の「なんとも腹立たしい限りですが、韓国がいちごを他国に売りまくっているのは彼らのマーケティング努力をした結果なわけで、日本も努力することで販路が開けると考えています。」もおかしい。
 こんな行為は種苗の窃盗なのであって、「彼らのマーケティング努力」ではないと言うことである。

 熊本県ではこの人物はそれなりに社会的地位のある人物だと思うが、果たして熊本県は大丈夫なのだろうか。
  1. 2018/03/18(日) 22:31:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"韓国、外国為替市場介入の公開検討…「為替相場操作国」指定避けられるか" 「為替相場操作」と「スムージングオペレーション」とは内容は同じ物だから、公開すればいいという物ではない!! | ホーム | "日本も韓国製鉄鋼に最大70%関税方針、米の保護主義に追随" 反ダンピング(不当廉売)関税に限らず、戦後、日本政府が韓国の国益に反するような政策を行うのは初めてではないか!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3432-de0b76b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)