金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"【サッカー日本代表】ハリルホジッチ監督解任へ 9日に協会が緊急会見" ハリルホジッチ監督の方が正しい。選手らの主張はまさに万事に事なかれ主義による無責任政治がモットーの安倍晋三首相の姿勢とかぶる!!

 4月9日の産経新聞は,”【サッカー日本代表】ハリルホジッチ監督解任へ 9日に協会が緊急会見
 日本サッカー協会が9日に緊急記者会見を行うことが関係者の話で分かった。サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督の去就についてとみられる。ワールドカップ(W杯)ロシア大会(6月14日開幕)まで約2カ月の段階で指揮官が解任されれば異例の事態となる。
 日本代表は、昨年8月に行われたロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦で出場権を獲得して以降、不振が続いてきた。昨年11月の欧州遠征ではブラジルとベルギーに連敗。12月の東アジアE-1選手権では韓国戦で4失点。今年3月にはW杯に出場しないマリとウクライナに勝利できなかった。
 結果が出ずチーム内部から不満が噴出。縦に素早く攻める攻撃スタイルに固執しすぎ、ボールを保持する形を模索する選手らと意見のずれが生じてきた。今回の3月の代表戦では選手が不満を口にするなど、監督の求心力は著しく低下していた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 当方は全くサッカーの門外漢であるが、「縦に素早く攻める攻撃スタイルに固執しすぎ、ボールを保持する形を模索する選手らと意見のずれが生じてきた。」とあるのは、「ハリルホジッチ監督」の方が正しいと思う。
 というのは「選手ら」の主張はまさに「万事に事なかれ主義による無責任政治がモットーの安倍晋三首相」の姿勢とかぶるところがあるからである。

 日本サッカー協会の戦術方針をHPで検索してみたが、全く見つからない。
 そもそもこの点からして話しにならないのであるが、唯一、「選手育成」には「選手育成のコンセプト」と題して次のとおりある(リンクはこちら)。

日本が進むべき方向性 Japan's Way

 日本には日本の特徴があります。体格やパワーで勝るわけではないですが、技術力(足首の柔軟性等)、俊敏性、組織力、勤勉性、粘り強さ等、またフェアであることがFIFAテクニカルレポート等でも認められている日本の特徴です。
 足りないものは高める努力をしつつも、世界基準よりも勝る日本人のストロングポイントをさらに伸ばしていき、それを活かして日本人らしいスタイルをもって戦っていくJapan's Wayとは、特定のチーム戦術、ゲーム戦術を指す言葉ではなく、日本人の良さを活かしたサッカーを目指すという考え方そのものであり、イメージの共有のための言葉です。



 この「日本人の良さを活かしたサッカー」とは具体的には何も書いてない。
 「日本の特徴」とは「技術力(足首の柔軟性等)、俊敏性、組織力、勤勉性、粘り強さ」とあるが、「俊敏性」以外は肉体的特性とは無関係であって、特に「日本の特徴」とは言えない。

 そもそも理屈的に言えば、日本人の肉体的特性とは白人や黒人に比べて一重に小柄なところにある。
 そのことから「俊敏性」はある程度、理解できる。

 そうだとすれば、サッカーの基本的戦術はドリブルとパスであるが、日本サッカーの戦術はドリブル中心であるべきである。
 手足が長く身長が高い白人や黒人はパス攻撃が有利であるが、それと同じことをやっていては勝てないのであり、日本人はドリブルで攻撃するしかないからである。
 日本サッカーは全員がメッシであるべきである。

 しかし現実には日本サッカーはドリブル攻撃ができない。
 それはまさに日本人選手が「責任プレーがモットー」だからである。

 これはもちろん選手が悪いというより日本人指導者の問題である。
 しかしその指導者も元は選手であり、そのような指導者の方針は選手時代からの蓄積によるものだと言える。

 「ハリルホジッチ監督」を解任して「ボールを保持する形」を目指したところで、得られるものは小さい。
  1. 2018/04/09(月) 05:38:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"「こんな人」発言は「明らかに選挙妨害」だったから 安倍晋三首相が説明" これは2つの問題。第1は選挙の自由妨害罪該当、第2はこの中には相当多くの在日と帰化人が含まれていると考えられること!! | ホーム | "K-1元選手が事故死 バイクでワゴン車と衝突" この渡辺浩一さんは安倍移民政策の犠牲者。遺族は安倍晋三首相をこの交通事故の共犯として警察に告訴すべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3455-36e04628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)