FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"孫請けの映像制作会社も倒産に追い込む、パチンコ規制強化" 現状の「出玉規制」は全く規制の名に値しない!!

 4月10日の日刊工業新聞は,”孫請けの映像制作会社も倒産に追い込む、パチンコ規制強化
 かつては娯楽産業のけん引役として存在感を示していたパチンコ業界。しかし、近年は度重なる法規制の強化により、パチンコホールの収益性が悪化。2017年の倒産件数は、前年の水準を上回る21件にのぼっており、厳しい業界環境がうかがえる。
 こうしたなか、ハイブアーツという映像制作会社が倒産した。
 設立は13年2月。創業者がパチンコ機やパチスロ機など遊技機のプログラミングを担当していた経験を生かして営業を開始した。
 だが、15年頃よりパチンコ業界における規制強化が進み、風向きが変わった。クギ問題など射幸性に関する規制が騒がれるなか、遊技機メーカーも新機種のリリースが減少。下請、孫請け業者は受注を得づらい状況に置かれるようになった。
 以降は綱渡りの資金繰りが続いていたが、18年1月に給与すら支払えない状況に陥り、1月31日に事業を停止し、3月7日に破産手続き開始決定を受けた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「だが、15年頃よりパチンコ業界における規制強化が進み、風向きが変わった。」とあるが、具体的にはどういうことか。
 「パチンコ業界における規制強化」に関する最近の報道であるのは次の1件だけである。

 2月2日の日刊工業新聞は,”パチンコホール倒産、昨年2.4倍 出玉規制前に急増
 東京商工リサーチは2017年のパチンコホール倒産(負債1000万円以上)が前年比2・4倍の29件と、3年ぶりに前年を上回ったとする調査結果をまとめた。出玉規制で射幸性を抑えた「パチスロ5号機問題」が落ち着いた09年以降、減少していたが、パチンコ出玉の上限を従来の約3分の2に抑える改正風俗営業法施行規則が適用された2月を前に再び増加に転じた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「パチンコ出玉の上限を従来の約3分の2に抑える改正風俗営業法施行規則が適用された2月」とあるが、実際、この「上限」とはどれだけなのか。
 「約3分の2」にするのはいいが、元が高ければそれほど意味はないからである。

 「改正風俗営業法施行規則」の該当規定は8条であり、次のとおりある。 

(著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準)
第八条 法第四条第四項の国家公安委員会規則で定める基準は、次の表の上欄に掲げる遊技機の種類の区分に応じ、それぞれ同表の下欄に定めるとおりとする。
遊技機の種類著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準
ぱちんこ遊技機一 一分間に四百円に当該金額がその対価の額(・・・。)である課税資産の譲渡等(・・・。)につき課されるべき消費税に相当する額及び当該課されるべき消費税の額を課税標準として課されるべき地方消費税に相当する額(以下「当該金額消費税等相当額」という。)を加えた金額の遊技料金に相当する数を超える数の遊技球(・・・。)を発射させることができる性能を有する遊技機であること。
二 一個の遊技球を入賞させることにより獲得することができる遊技球の数が十五個を超えることがある性能を有する遊技機であること。
三 一時間にわたり遊技球を連続して発射させた場合において獲得することができる遊技球の数が発射させた遊技球の数の二・二倍を超えることがあるか、又はその三分の一を下回ることがある性能を有する遊技機であること、その他短時間に著しく多くの遊技球を獲得することができる性能を有する遊技機であること。
五 十時間にわたり遊技球を連続して発射させた場合において獲得することができる遊技球の数が発射させた遊技球の数の三分の四を超えることがあるか、又はその二分の一を下回ることがある性能を有する遊技機であること。



 これによる「出玉」の「上限」はどれほどなのか。
 
 まず貸玉単価を4円/個とすれば,1分間に発射させることができる最大の個数は,400÷4=100個である(1号)。
 したがって,1時間で発射させることができる最大の個数は,100×60=6,000個になる。

 そして1時間で獲得することができる最大の個数は,6,000×2.2=13,200個である(2、3号)。

 そして10時間で獲得することができる最大の個数は,60,000×10×4/3=80,000個である(5号)。

 通常,貸玉の交換単価は2.5円/個~4円/個であるので,この獲得金額は,200,000円~320,000円にもなる。

 理屈的には100円が200,000円~320,000円になる可能性もあるということである。
 これらの金額を見る限り,現状の「出玉規制」は全く「規制」の名に値しないと言うべきである。
  1. 2018/04/13(金) 07:13:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"海保、尖閣航空要員を大型補強 60人増で交代クルー制、新型機配備" 全く意味がないので反対。同じ金を使うなら、「海上保安庁」ではなく「自衛隊」に使え。とっくに哨戒強化の段階は過ぎている!! | ホーム | 三橋貴明"投資系の支出をPB目標から外せ!"再々論 三橋貴明以下の若い世代には国語なのか英語なのか数学なのか何か根本的な理解力において不足しているところがあると思う!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3459-e0c389e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)