FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"【日中ハイレベル経済対話】8年ぶり開催 自由貿易の重要性確認、鉄鋼過剰生産は平行線" 米中の貿易摩擦は中国による不公正な貿易が原因だからこんなことは全く意味のない単なる儀式でしかない!!

 4月16日の産経新聞は,”【日中ハイレベル経済対話】8年ぶり開催 自由貿易の重要性確認、鉄鋼過剰生産は平行線
 日中両政府は16日、貿易や投資など経済の課題を議論する閣僚級の「日中ハイレベル経済対話」を東京都内で開き、米国と中国の貿易摩擦が激しくなる中、日中は自由貿易体制の強化が重要との認識で一致した。ただ、中国の鉄鋼の過剰生産や知的財産侵害をめぐる対応については議論は平行線に終わった。日中の経済対話は2010年8月の北京以来、約8年ぶり。
 河野太郎外相は会談終了後、記者団に「貿易戦争を引き起こすことは、国際経済の繁栄に影響があるとの認識を(中国と)共有している」と述べた。
 しかし、そもそも米中の貿易摩擦は、鉄鋼の過剰生産や知的財産侵害といった中国による不公正な貿易も原因だ。会談で日本側が問題を指摘したのに対し、中国側は過剰生産の解消や知的財産の保護に向けた取り組みを説明したという。
”と報道した(リンクはこちら)。


 最後に「しかし、そもそも米中の貿易摩擦は、鉄鋼の過剰生産や知的財産侵害といった中国による不公正な貿易も原因だ。」とあるのは「不公正な貿易も」を「不公正な貿易が」に変えれば、完全にそのとおりである。
 したがって「ただ、中国の鉄鋼の過剰生産や知的財産侵害をめぐる対応については議論は平行線に終わった。」という結果は当然であり、こんなことは全く意味のない単なる儀式でしかない。
 
 なぜこんなことをこの時期にしなければならないのか当方は全く理解できない。
 他方で米国へはどう対応するのだろうか。

 4月17日の産経新聞は,”安倍晋三首相、日米首脳会談に向け出発 トランプ氏と対北協議
 安倍晋三首相は17日午後、トランプ氏の米大統領就任以降6回目となる日米首脳会談のため、米南部フロリダ州を目指し政府専用機で羽田空港を出発した。首相は出発に先立ち、官邸で記者団に「北朝鮮による完全検証可能、そして不可逆的な方法による核・ミサイルの廃棄の実現に向けて、最大限の圧力の維持を確認したい。米朝首脳会談に向けて拉致問題が解決に向かって前進するよう全力を尽くしたい」と語った。
 今回の会談は17、18日にトランプ氏の別荘「マールアラーゴ」で行われる。両首脳は27日の南北首脳会談と6月までに開催予定の米朝首脳会談に備え、北朝鮮の非核化をめぐる対処方針などについて綿密な政策のすり合わせをする。また、トランプ氏が環太平洋連携協定(TPP)への復帰検討を指示した経緯を踏まえ、2国間の通商問題も話し合う見通しだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「首相は出発に先立ち、官邸で記者団に「北朝鮮による完全検証可能、そして不可逆的な方法による核・ミサイルの廃棄の実現に向けて、最大限の圧力の維持を確認したい。」とあることについては所詮は国連決議という重しがあるので、何も日本側はジタバタする必要はない。
 むしろ重要なのは「また、トランプ氏が環太平洋連携協定(TPP)への復帰検討を指示した経緯を踏まえ、2国間の通商問題も話し合う見通しだ。」の方である。

 特に最初の報道にある「米国と中国の貿易摩擦」については「安倍晋三首相」はどう態度を表明するつもりだろうか。
 この点は日米安保体制にも影響するので、我が国は旗幟を鮮明にしないと尖閣諸島を防衛できない。
 果たして万事が事なかれ主義による無責任政治がモットーの「安倍晋三首相」に何ができるだろうか。
  1. 2018/04/18(水) 00:17:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"民進・小西洋之参院議員への罵声は統幕3佐 河野克俊統幕長が謝罪" 我が国でも中国や韓国に学んで国家政権転覆罪や国家保安法のような法制を整備すべき。そうすれば厳正処分のような事態はなくなるだろう!! | ホーム | 川崎市議会議員三宅隆介"都合の悪いことは伏せる財務省の習性" 「藤井聡によれば現在の日本の税収弾性値は少なくとも3~4」は半分正しく半分間違い!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3464-54a6450e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)