FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"東芝メモリ審査、米中摩擦で膠着 売却撤回も視野に" 東芝が今後も中国と関係を持つなら東芝の復活はあり得ない。東芝の株主は撤回云々以前に経営陣の総入れ替えを主張すべき!!

 4月24日の産経新聞は,”東芝メモリ審査、米中摩擦で膠着 売却撤回も視野に
 東芝が経営再建に向け、喫緊の課題と位置づける半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の売却が膠着している。中国当局による独占禁止法の審査は「作業自体は終わったが、米中貿易摩擦の影響で最終承認が下りない」(関係者)というのだ。東芝は複数の代替案を検討しており、審査通過が見通せない状況が続けば、売却撤回に傾く公算が大きい。
 東芝は財務改善のため、東芝メモリを米投資ファンドのベインキャピタルが主導する「日米韓連合」に2兆円で売却する方針で、今年3月末の完了を目指していた。しかし、昨年12月に始まった中国当局の審査は4カ月の期間内に結論が出ず、5月末までの延長審査に突入。「追加資料の要求などもないまま、承認が延び延びになっている」と東芝関係者は頭を抱える。
 こうしたことから、東芝は5月末までに承認を得ることをメインシナリオとする一方、「売却撤回と両にらみで準備する」(東芝関係者)ことを決め、主要取引銀行にも伝えた。承認が得られない状態が続けば、売却益を銀行への資金の返済や成長投資に振り向ける計画が狂うからだ。東芝メモリの投資判断にも影響が出て、「メモリーの顧客に不安が広がる」(関係者)ことも懸念されている。
”と報道した(リンクはこちら)。


 社会主義国家の中国において「中国当局による独占禁止法の審査」というのも奇妙な話しであるが、「作業自体は終わったが、米中貿易摩擦の影響で最終承認が下りない」というのは「米中貿易摩擦」がなくても、最初から予想されたことである。

 それにしてもよく分からないのはだからといって「売却撤回と両にらみで準備する」ことにしなければならない理由である。
 そもそも中国や韓国による不公正貿易が「東芝」の凋落の基本的原因なのだから、その中国や韓国と関係を持つこと自体がナンセンスだと思われるからである。
 逆に言えば、「撤回」してもそれで済むなら、中国は関係なくとっとと「撤回」すれば済む話しである。

 これについては他の報道を検索するが、確定的な理由は見出し得ない。
 とにかく「東芝」が今後も中国と関係を持つなら、「東芝」の復活はあり得ない。
 「東芝」の株主は「撤回」云々以前に経営陣の総入れ替えを主張すべきである。
  1. 2018/04/24(火) 06:44:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三橋貴明"安倍政権が13年程度のPB赤字を維持していた場合、日本の経済成長率は3%近く押し上げられていた" 相変わらずマクロ経済学における初歩的間違いであるが自己の間違いは完全に認識しているだろう!! | ホーム | "ハングル表記のポリタンク、山陰に大量漂着…中に強酸性液体、韓国から流れ着く歓迎されざる〝風物詩〟" 明確に廃棄物投棄を禁止したロンドン条約に違反しているにも関わらず環境省や島根県の姿勢は全く弱腰過ぎる!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3471-dd6fe058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)