FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"金正恩氏、段階的措置提示か 非核化へ数年間も" トランプ大統領が激怒して北朝鮮攻撃を決断してくれればいいのだが、駐韓米大使にハリス太平洋軍司令官を指名に期待!!

 4月23日の産経新聞は,”金正恩氏、段階的措置提示か 非核化へ数年間も 米紙報道、交渉曲折
 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は22日、トランプ大統領の特使として訪朝したポンペオ中央情報局(CIA)長官に対し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、非核化まで何年もかかる可能性がある段階的な措置に合意するよう要請していたと報じた。米側は難色を示したもようだ。
 北朝鮮は核放棄まで段階を設けて、達成されるたびに経済的な成果を得ることを目指しているとみられ、完全非核化を求める米国との交渉には曲折が予想される。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、非核化まで何年もかかる可能性がある段階的な措置に合意するよう要請していた」とあるが、「金正恩」は本当にこんな子供だましの主張をしたのだろうか。
 もし本当なら「トランプ大統領」が激怒して「米朝首脳会談」を放棄して北朝鮮攻撃を決断してくれればいいのだが、その可能性はあるだろうか。

 4月25日の産経新聞は,”【トランプ政権】トランプ大統領、金正恩氏は「率直で立派」と持ち上げる 非核化とは「核兵器の除去」と強調 米仏首脳会談で
 トランプ米大統領は24日、フランスのマクロン大統領との会談で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長について「誠に率直で、非常に立派な人物と見受けられる」と評した。
 トランプ氏は過去に金氏を「ちびのロケットマン」などと呼んで罵倒してきたが、米朝首脳会談が実現する見通しが徐々に高まってきたのを受け、金氏を積極的に持ち上げる姿勢に転じたとみられる。米国内の有識者の間では「数々の圧政で悪名高い独裁者を称賛するとは」と批判の声も上がっている。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「トランプ米大統領は24日、フランスのマクロン大統領との会談で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長について「誠に率直で、非常に立派な人物と見受けられる」と評した。」 とあるから、その可能性はまだ低いようである。
 ただ期待できるのは次の報道である。

 4月25日の産経新聞は,”【トランプ政権】駐韓米大使にハリス太平洋軍司令官を指名か 駐豪大使に指名済みだが方針転換
 ロイター通信は24日、米政府高官の話としてトランプ政権がハリス太平洋軍司令官を駐韓国大使に指名する意向を固めたと報じた。ハリス氏は2月に駐オーストラリア大使に指名され、同日に上院外交委員会で承認公聴会が行われる予定だったが当日になって急きょ延期されていた。
 ハリス氏は、太平洋軍司令官として北朝鮮問題への対応に深く関与。北朝鮮が核放棄する見通しについては「過度に期待すべきではない」と慎重姿勢を貫いてきた。ポンペオ氏はハリス氏を韓国に置くことで、米朝交渉が不発に終わった場合も含め、今後の情勢に柔軟に対応できる態勢を整えたい意向とみられる。
”と報道した(リンクはこちら)。


 現役軍人を大使に任命するのだから、「ポンペオ氏はハリス氏を韓国に置くことで、米朝交渉が不発に終わった場合も含め、今後の情勢に柔軟に対応できる態勢を整えたい意向とみられる。」とあるのはそのとおりだろう。
 今後の展開に期待である。
  1. 2018/04/26(木) 07:00:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"米の一部中小メーカー、対中関税の対象拡大を要求 コスト増大" 我が国の中小メーカーも見習うべき。中韓の鉄鋼品に反ダンピング税正式発動は米国への連携に大きな一歩!! | ホーム | 三橋貴明"安倍政権が13年程度のPB赤字を維持していた場合、日本の経済成長率は3%近く押し上げられていた" 相変わらずマクロ経済学における初歩的間違いであるが自己の間違いは完全に認識しているだろう!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3473-4b707bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)