FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"トランプ米政権、米朝首脳会談中止の可能性に言及した北の真意を精査" そもそも米朝首脳会談自体が小芝居。我が国としてはトランプ大統領の掌で踊る金正恩を涼しげに眺めていればよい!!

 5月16日の産経新聞は,”【激動・朝鮮半島】トランプ米政権、米朝首脳会談中止の可能性に言及した北の真意を精査 現時点では「開催予定に変更なし」
 トランプ米政権は、北朝鮮が声明で米朝首脳会談を中止する可能性に言及したことに関し、安全保障担当の高官らを招集して北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の真意などについて分析作業に入った。米政権としては、北朝鮮の揺さぶりに動揺することなく、核放棄を要求していく姿勢を堅持する構えとみられる。
 サンダース米大統領報道官は現地時間の15日、北朝鮮による発表をめぐる報道に関し「承知している」とした上で、「米国として北朝鮮の発言内容を独自に精査し、同盟諸国と引き続き緊密に連携していく」と強調した。
 朝鮮半島情勢に詳しい米政策研究機関「ヘリテージ財団」のブルース・クリングナー上級研究員はツイッターで「北朝鮮は、会談を前に賭け金をつり上げてくるという旧来の手口に回帰した」と批判した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「北朝鮮が声明で米朝首脳会談を中止する可能性に言及したこと」に関しては、「北朝鮮は、会談を前に賭け金をつり上げてくるという旧来の手口に回帰した」という分析が正しいだろう。
 今さら「金正恩」としても卓袱台返しは難しいと思うが、たとえそれでも全然構わない。
 そうなれば北朝鮮攻撃がより現実化するだけであり、我が国としては何も困らないからである。
 というかそもそも「米朝首脳会談」については当方は3月12日のエントリーで次のとおり書いたところである(リンクはこちら)。

一方、トランプ氏は10日、ホワイトハウスで記者団に対し、米朝首脳会談の見通しについて「大いなる成功を収めると思う」と述べ、北朝鮮の非核化実現への自信を示した。」とあるが、この「トランプ米大統領」の楽観発言の真意はどこにあるのだろうか。
 拉致問題で北朝鮮との交渉を見続けてきた日本人としては誰1人として北朝鮮が本気で「非核化」を行うとは思わないからである。
 まさか本当に騙されている訳ではないだろうから、唯一、好意的に解釈すれば、北朝鮮の言質を過大に吹聴してそれが破られた時に、北朝鮮に対する軍事攻撃の理由付けにしようとしているということである。



 そもそも「米朝首脳会談」自体が「トランプ米大統領」による小芝居のようなものであって、最初から全く現実味のないものである。
 我が国としては「トランプ米大統領」の掌で踊る「金正恩」の様子を涼しげに眺めていればそれでよい。
  1. 2018/05/17(木) 07:00:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【GDP】1~3月期速報値、年0・6%減 消費低調" 名目GDPについては算定基準の変更をやっているので実際にどの程度伸びているか掴みがたいが、個別の内訳についてはそれなりに政策の結果どおりの数字が出ている!! | ホーム | "韓国政府が韓国船籍タンカーの瀬取り関与を否定" 他の報道では未遂に終わったと言っているようにも読めるので、もしそうなら犯人の処罰を要求し韓国政府の関与を問い詰めるべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3494-481bb922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)