金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"右派系デモ抗議の男性に暴行容疑 大学生の男逮捕 警視庁" しばき隊のように多数で1人を囲むような卑怯な真似はしていないのだから何も思わないが、学生を主催者側に据えるのはもってのほか!!

 6月11日の産経新聞は,”右派系デモ抗議の男性に暴行容疑 大学生の男逮捕 警視庁
 右派系市民団体のデモに抗議した男性を突き飛ばしたとして、警視庁公安部は暴行の疑いで、デモに参加していた東京都江東区の大学生の男(19)を現行犯逮捕した。調べに対して、「突き飛ばしたつもりはない」と供述しているという。
 逮捕容疑は10日午後4時10分ごろ、東京都豊島区池袋の路上で、男性会社員(22)の胸付近を突き飛ばして転倒させたとしている。警戒中の警察官に逮捕された。
 公安部などによると、当時は右派系市民団体「行動する保守運動」が約40人規模のデモを行い、「悪質な中国人の国民健康保険利用をただせ」などと主張。デモに抗議するために約80人が集まった。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「東京都江東区の大学生の男(19)」とあるのは「右派系市民団体「行動する保守運動」」代表の桜井誠日本第1党党首のブログによれば次のとおりである(リンクはこちら)。

さて、このデモ行進の代表世話人に名前を連ねていた九十九晃氏について、当日のデモ行進の最中にパヨクしばき隊残党一味側の挑発を受ける形で突進し、相手に暴行を加えたとして逮捕されました。

 近年、当方は活動とはとんとご無沙汰なので、「九十九」君とは昨年11月7日に鈴木信行日本国民党党首の区議会議員選挙の応援に上京した時に会っただけである(リンクはこちら)。
 というか言葉からすれば地方出身だと思うので、19歳なら昨年初めて上京したということである。
 その時は22、3歳の会社員かなという印象だったので、まさか「大学生の男(19)」とは思わなかった。

 今回の件に関しては、しばき隊の登場以来、暴行を受けるのは圧倒的に我々、行動保守の方が多いし、しばき隊のように多数で1人を囲むことのような卑怯な真似もしていないのだから、「突き飛ばして転倒させた」ことによって「逮捕された」こと自体は何も思わない。

 というかデモの目的自体が在日の凶暴さを明から様にすることだから、デモ中の衝突はデモの目的そのものだと言って良い。
 今回は元気が余ってこちらから手を出しだが、そんなものはお互い様である。

 ただ一つ苦言を呈するとすれば、「九十九」君よりも「右派系市民団体「行動する保守運動」」のリーダー達に対してである。
 というのは「九十九」君がまだ学生だからである。

 当方は学生のようなすねかじりがこのような政治活動に参加するのは余り賛成しない。
 結婚して一家を構えてからで十分だと思っている。
 ましてやデモの主催者側に据えるのはもってのほかだと思っている。
 というのは当方のように子を持つ親からすれば大学生はまだまだ子供だからである。
 桜井代表や堀切君のような「行動する保守運動」のリーダー達に対して望むことは未成年又は学生をデモの主催者側にはしないという規約を設けることである。
  1. 2018/06/12(火) 10:07:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"拉致提起も…曽我ひとみさん「とても残念としか言えません」" 交渉では拉致問題の解決は絶対にあり得ない。我が国が目指すべきはやはり北朝鮮の体制崩壊であり、その手段は経済制裁の徹底強化による民衆蜂起!! | ホーム | "【主張】G7サミット 存在意義失ってはならぬ" 問題の発端は中国のダンピングだが安全保障に一般化されたのは迂回輸出問題。すべての国々が中国に関税を課せばこの問題は解決するが!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3520-84d7d1f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)