FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"安倍晋三首相「次は私の番だ」「私はだまされない」 拉致被害者家族に決意" おそらく日本国民が納得できるのは横田めぐみさんの即時帰国が実現したときか。それまでは圧力を一層徹底強化!!

 6月15日の産経新聞は,”【日朝首脳会談】安倍晋三首相「次は私の番だ」「私はだまされない」 拉致被害者家族に決意 日朝会談「拙速にはやらない。被害者すべて帰すならば行く」とも
 安倍晋三首相は14日、北朝鮮による拉致被害者家族会と首相官邸で約50分間面会し、日朝首脳会談について「首脳会談をこちらがやりたいといえば、足元を見られる」と述べ、会談時期などを慎重に見極める考えを示した。同席した複数の関係者が明らかにした。

 出席者の一人が「(交渉を)慌てないでください」と発言すると、首相は「拙速にはやらない。北朝鮮が被害者をすべて帰すといったら(北朝鮮に)行く」と述べたという。
 米朝の接近により北朝鮮に対する経済制裁などの圧力が緩むとの懸念については「圧力を緩めてはダメだ。中国、韓国も制裁を緩めてはならない」と繰り返した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「拙速にはやらない。北朝鮮が被害者をすべて帰すといったら(北朝鮮に)行く」とあるが、これまで実際に北朝鮮は何と言っているか。

 6月14日の産経新聞は,”【北朝鮮拉致】ガス中毒、交通事故…「死亡」8人不自然な死因 政府認定の拉致被害者
 政府認定の拉致被害者は12件17人。北朝鮮は平成14年9月の日朝首脳会談以降に帰国させた5人以外は、8人が「死亡」、4人が「未入境」との主張を続けている。
 帰国した曽我ひとみさんの存在は北朝鮮の通知を受け発覚。その後の捜査当局の調べで母、ミヨシさんと一緒に工作員に拉致されたことが判明した。田中実さんと松本京子さんは首脳会談後に被害者認定された。
 8人の「死因」は交通事故やガス中毒、心臓まひなど不自然なもの。説明した死亡場所や日時はバラバラなのに、日本側に提出するための「死亡報告書」を急遽、同じ病院で作成していたことが分かっている。
 松木薫さんの「遺骨」として他人や動物の骨を2度提出。めぐみさんとした骨もDNA型鑑定で別人と判明した。めぐみさんについては死亡の年月日を訂正するなど、不自然な説明に終始している。
 いずれの被害者についても、死亡を裏付ける科学的な根拠が乏しいことから、日本政府は全員の生存を前提に、誠実な説明と即時帰国を求めている。
”と報道した(リンクはこちら)。  


 「いずれの被害者についても、死亡を裏付ける科学的な根拠が乏しいことから、日本政府は全員の生存を前提に、誠実な説明と即時帰国を求めている。」とあるのは当然であるが、残念ながら「北朝鮮が被害者をすべて帰す」と言う日は未来永劫来ないだろう。
 というのは「死亡を裏付ける科学的な根拠が乏しい」ことは事実であるが、北朝鮮の科学水準から見ればそんなことは普通に考えられるし、また北朝鮮が拉致被害者はもちろん自国民さえ丁重に扱っているとは思えないからである。

 したがって日本側としてはどこかで折り合いを付けなければならないだろう。
 そのメルクマールはどこか。

 おそらく日本国民が納得できるのは、現在「53歳」と最も若く、拉致問題の悲惨さの象徴とも言うべき「横田めぐみさん」の「即時帰国」が実現したときだろう。
 それまでは北朝鮮の体制崩壊を目指して、「圧力を緩めてはダメだ。中国、韓国も制裁を緩めてはならない」どころか「圧力」を一層徹底強化する必要がある。
  1. 2018/06/15(金) 08:26:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"トランプ政権、対中制裁関税を来月6日発動 知財侵害まず818品目" 我が国も外為法10条を活用して米国と連携すべき。「閣議において」決定できるのだから現状でもすぐにできるはず!! | ホーム | "安倍首相、拉致被害者「自分の責任で取り戻す」" 「自分の責任で取り戻す」はいいが、問題はその方法。会談したからと言って返すものではない。これまでとは異なる新しい試みが必要!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3523-5e836f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)