FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"北朝鮮への輸出禁止を一部解除へ 韓国が要求" このような例外措置は絶対に認めるべきではない。騙すより騙される方が悪いと考える韓国人がこれを悪用することは火を見るより明らかだから!!

 7月14日のテレ朝newsは,”北朝鮮への輸出禁止を一部解除へ 韓国が要求
 北朝鮮への輸出禁止が一部、解除されることになりました。
 国連安保理は、北朝鮮への輸出が禁止されている石油など一部の品目を一時的に禁止対象から外すことを決めました。韓国側の求めに応じたものです。韓国外務省関係者によりますと、除外の対象はガソリンや乗用車など51の品目で、「南北軍事ホットラインを整備する目的に限る」との条件で、韓国政府が国連安保理にリストを提出していました。安保理に対しては、アメリカ政府が「瀬取り」と呼ばれる北朝鮮への石油密輸を指摘していましたが、今回の韓国からの求めに反対意見は出なかったということです。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「南北軍事ホットラインを整備する目的に限る」とあるが、次の報道との整合性はどうなっているのだろうか。

 7月14日の東亞日報は,”北朝鮮軍と在韓国連軍司令部間の直通電話、5年ぶりに再開
 2013年に北朝鮮が休戦協定無効化宣言と共に一方的に遮断した板門店の北朝鮮軍と在韓国連軍司令部間の直通電話が5年ぶりに再開された。
 13日、政府筋によると、11日の米国との遺骨引き渡し実務協議に姿を現れなった北朝鮮が、在韓国連軍司令部と直接つなぐ電話回線の再開を求める内容の電文を送ってきた。これにより、板門店軍事境界線の前で拡声器やハンドマイクを使ってメッセージを伝える方法ではなく、韓国側国連軍司令部事務所と北朝鮮側統一閣にそれぞれ置かれた電話で通信が可能になった。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「2013年に北朝鮮が休戦協定無効化宣言と共に一方的に遮断した板門店の北朝鮮軍と在韓国連軍司令部間の直通電話が5年ぶりに再開された。」とあるのに、今さら「整備する目的」とはどういう意味だろうか。

 とにかく「韓国側の求めに応じたものです。」とあるが、「韓国」に対してはこのような例外措置は絶対に認めるべきではない。
 騙すより騙される方が悪いと考える韓国人がこれを悪用することは火を見るより明らかだからである。

 というよりも昨日のエントリーでも紹介したように、現行の制裁決議においても、
当該加盟国が30日毎に、北朝鮮への石油精製品のそのような供給、販売又は移転の量を、全ての取引関係者の情報と併せ、委員会に通報
とあるから、報告さえすれば輸出は可能なのだから、「一時的に禁止対象から外す」必要は全くないと言える(リンクはこちら)。

 もしどうしても輸出を認める必要があるとしたら、これはやはりこのように包括的に認めるのではなく、具体的に数量を特定して認める形にすべきであったろう。
 「今回の韓国からの求めに反対意見は出なかった」というのだから、まだまだ「米国」は韓国のことが分かっていないと言うべきである。
  1. 2018/07/15(日) 08:02:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"土砂災害 被害拡大の原因は「コアストーン」か" 「コアストーン」で広島県のホームページを検索しても何も出てこない。広島県の治山事業担当者はもっと最新の学問的成果を研究する必要がある!! | ホーム | "北朝鮮、瀬取り89回 米が安保理制裁委に通告 全加盟国に輸出停止訴え" 「上限輸入量に達している」かどうかではなく瀬取り自体が安保理決議に違反しているのだからこの米国代表部の文書の趣旨はおかしい!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3553-91dece43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)