FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"イージス・アショアはイージス艦3隻分 メリット多いが… 政府は国民に丁寧な説明を" 「敵基地攻撃を含む『懲罰的抑止』の整備に踏み出せない」はおかしい。確実に相手の敵基地攻撃が可能な長距離巡航ミサイルを配備すべき!!

 7月23日の産経新聞は,”イージス・アショアはイージス艦3隻分 メリット多いが… 政府は国民に丁寧な説明を
 地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」は、運用面でメリットが数多い。ただ、2基配備には総額6千億円以上を要し、1隻約1700億円のイージス艦3隻分以上に相当する巨額投資となる。それだけに、政府はその価値や必要性について、正面から国民に丁寧に説明する必要がある。
 「敵基地攻撃を含む『懲罰的抑止』の整備に踏み出せない以上、コストをかけてでも『拒否的抑止』を追求するしか日本を守る術はない。イージス・アショアはその典型だ」
 防衛省幹部はこう訴える。専守防衛の縛りがある日本の場合、懲罰的抑止は全面的に米国に委ねるしかなく、保有に向けた議論すらタブー視されているのが実情だ。このため、政府は拒否的抑止に当たるミサイル防衛能力で北朝鮮の脅威に対抗している。主力を担ってきたのが、海上自衛隊のイージス艦だ。発射の兆候があれば日本海などに展開し、迎撃態勢を整える。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「敵基地攻撃を含む『懲罰的抑止』の整備に踏み出せない以上、コストをかけてでも『拒否的抑止』を追求するしか日本を守る術はない。」とあるが、これはおかしい。
 まず前提として「懲罰的抑止」と「拒否的抑止」の意味は次の報道のとおりである。

 2017年9月9日の産経新聞は,”北朝鮮のミサイルをMDで迎撃できるのか? ロフテッド軌道では迎撃は困難 飽和攻撃やEMPには? 敵基地攻撃能力はやはり不可欠 
 北朝鮮が6回目の核実験を強行したことで核ミサイルの脅威が深刻さを増している。防衛省は平成30年度政府予算の概算要求で地上配備型「イージス・アショア」導入や既存装備の改良を盛り込み、ミサイル防衛(MD)強化を急ぐ。だが、北朝鮮の技術進展に伴い、高高度軌道のミサイルや、発射が相次ぐ「飽和攻撃」への対処、抑止効果など、MD強化では乗り越えられない課題が浮き彫りになっている。
 MDでは北朝鮮に対する抑止効果が十分に得られないという根本的な問題もある。抑止は相手の攻撃を失敗させる「拒否的抑止」と、耐え難い損害を与える能力を示して攻撃を断念させる「懲罰的抑止」に大別される。MDが担い得るのは拒否的抑止にすぎない。
”と報道した(リンクはこちら)。 


 「抑止は相手の攻撃を失敗させる「拒否的抑止」と、耐え難い損害を与える能力を示して攻撃を断念させる「懲罰的抑止」に大別される。」とあるとおりである。
 さてこの「敵基地攻撃」について政府の基本的見解は次の報道のとおりである。

 2017年12月13日の産経新聞は,”【主張】長距離巡航ミサイルの導入、「座して死を待つ」避け、国民守るために欠かせない
 政府が、航空自衛隊の戦闘機用に3種類の長距離巡航ミサイルを導入する方針を固め、平成30年度予算案に関連経費を計上する。
 日本の防衛力、抑止力を高める有効なものであり、これまで装備していなかった方がおかしい。導入の判断は妥当だ。
 政府は、ミサイル発射が確実であり、他の手段がなければ、敵ミサイル基地への攻撃は合憲であるとの立場だ。「座して死を待つ」のは、憲法が認める自衛の趣旨に反するからだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「政府は、ミサイル発射が確実であり、他の手段がなければ、敵ミサイル基地への攻撃は合憲であるとの立場だ。」なら「相手の攻撃を失敗させる「拒否的抑止」」ではなく、「耐え難い損害を与える能力を示して攻撃を断念させる「懲罰的抑止」」を目指すべきである。
 当たるか当たらないか分からない「ミサイル迎撃システム」にカネをかけるよりよりも確実に相手の「敵基地攻撃」が可能な「長距離巡航ミサイル」を配備すべきである。
  1. 2018/07/24(火) 07:36:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"「全米で中国産業スパイを捜査中」FBI長官" 日本企業がお花畑なのは日本政府がそうだから。それを端的に表すのが永住者の急増。我々真正保守勢力に政権を与えてこの流れにストップをかけさせて頂きたい!! | ホーム | "G20初日が終了 麻生氏は中国通貨政策の透明化要求" 「中国通貨政策の透明化要求」は一応グッジョブであるがそれだけでは不足。為替レートは変動相場制以前の時代のように外交交渉で決定するしかない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3562-4a95e5da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)