FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"韓国経済をつぶす気か? 2年連続の最低賃金大幅アップで“勝者”はいるのか" ネット上の嫌韓世論はこれを冷笑的に見るが、むしろ我が国こそこれをやるべき。ただそれには輸入が増大しない政策を他方で実施すること!!

 7月22日の産経新聞は,”【ソウルから 倭人の眼】韓国経済をつぶす気か? 2年連続の最低賃金大幅アップで“勝者”はいるのか
 韓国で労働者の最低賃金が、2年連続で10%以上、上昇することが決まった。文在寅大統領が昨年5月の大統領選挙で明言した公約に基づくものだ。低賃金労働者にとっては歓迎すべきものだが、一方で人件費の上昇が企業の経営に及ぼす悪影響は不可避だと懸念されている。人件費削減のための雇用削減も避けられず、失業者の増加などむしろ労働者を脅かすことが予想される。
 洪鍾学(ホン・ジュンハク)中小ベンチャー企業相は16日に企業経営者との懇談会を開いたが、この場で「平均営業利益率3~5%の中小製造業に最低賃金を毎年10%以上引き上げろというのは、事業をやめろというのも同然」(自動車部品製造業者)といった批判が続出したという。「担当閣僚が現実を理解するよう3カ月間、中小企業の劣悪な環境で働いてみてはどうか」との不満も出た。
 韓国紙が企業経営者の声として報じたところでは、韓国の週休手当を含む最低賃金はすでに日本を超え、来年には日本との差がさらに1000ウォン(約100円)以上開くという。人件費の上昇で韓国の企業競争力が落ちることへの懸念は広がっている。
 韓国政府は中小企業などの賃上げ対策として、税金を充てることや大企業による負担などを検討しているが、負担のつけ回しに過ぎない。景気が回復し人手不足の日本を横目に、韓国経済は当分、泥沼から抜け出せそうにないようだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「韓国で労働者の最低賃金が、2年連続で10%以上、上昇することが決まった。」ことについては我が国のネット上の嫌韓世論においては冷笑的に見る向きが多い。
 例えば5ちゃんねるには「【ムンジェノミクス】最低賃金が日本を超えた韓国、中小企業から悲鳴 ネット「文大統領は一体何を考えているんだ」」というスレッドが上がっており、盛んに失策だとはやし立てている(リンクはこちら)。

 しかし当方はこの政策は間違っているとは思わない。
 というかむしろ我が国こそこれをやるべきだと考えている。
 というのは所得が上がらないなら「景気が回復し」とは言えないからである。
 また「人手不足」と生活保護受給世帯が史上最高というのも明らかに矛盾しているからである。

 ただそれには条件がある。
 それは輸入が増大しない政策を他方で実施することである。
 そうしないと「人件費の上昇で韓国の企業競争力が落ちること」は当然であり、むしろ経済にマイナスは明らかである。

 そして輸入が増大しない政策とは具体的には2つある。
 第1は為替レートを自国通貨安にするような政策、第2は貿易そのものを縮小するような政策である。
 当方がいつも主張している外交交渉により為替レートを決定する政策は第1であり、日中日韓断交は第2である。

 さて当方がいつも三橋貴明ら財政拡大派を批判しているのもこの点である。
 というのも財政を拡大するだけなら、最低賃金を闇雲に引き上げることと経済的には同じだからである。
 もちろん財政を拡大し続けている間はいいが、そんなことは未来永劫継続できるわけではない。
 その間に通貨供給はどんどん過剰になって企業物価が上昇し輸入がどんどん増大するからである。
 結局、財政の拡大が止まった途端、内需が停滞することにより、経済はむしろ財政拡大前より輸入増大の分だけマイナスになる。
 財政拡大派の中で韓国を笑う者がいるとすれば、それは天に唾する行為である。
  1. 2018/07/26(木) 07:07:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"オウム13人全員の死刑執行、残る6確定囚も 教団事件の法手続きすべて終結" このオウム真理教事件の背景はまだほとんど解明されていない。特にオウムと北朝鮮との関係。村井秀夫刺殺の動機は何か!! | ホーム | "「全米で中国産業スパイを捜査中」FBI長官" 日本企業がお花畑なのは日本政府がそうだから。それを端的に表すのが永住者の急増。我々真正保守勢力に政権を与えてこの流れにストップをかけさせて頂きたい!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3564-36fc30e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)