FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"日本、慰安婦指摘に反論 国連差別委員会 委員から謝罪要求の声も" もし人種差別撤廃条約が個人の要求に直接適用されるとすれば韓国の要請だけで国際司法裁判所に付託されることになり我が国の敗訴は確実!!

 8月17日の産経新聞は,”日本、慰安婦指摘に反論 「性奴隷は事実に反する」と主張 国連差別委員会 委員から謝罪要求の声も
 国連人種差別撤廃委員会の対日審査は17日、2日目の会合が行われた。日本政府代表の外務省の大鷹正人・国連担当大使は、慰安婦問題をめぐって会合中に委員から「性奴隷」という表現が使われたとして、「事実に反し、不適切」だと抗議した。
 これに対し、鄭鎮星委員(韓国)は「性奴隷という言葉は1990年代から国連機関で使われている」と反論した。
 また、2015年の日韓合意で両国が「最終的かつ不可逆的な解決」を確認したとする日本の主張に対し、ガイ・マクドゥーガル委員(米国)は「政府間の合意で、個人の要求を消すことはできない」と発言。慰安婦への謝罪が必要だと主張した。マルク・ボシュイ委員(ベルギー)も「政府間の合意で解決はできない」と述べた。
 大鷹大使は、女性を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の偽証を朝日新聞が報じたことで、慰安婦問題が世界的に広がったことに言及。不正確な情報が流布したことで「不幸な側面があった。この新聞はすでに謝罪した」と述べ、委員に客観的評価を求めた。
 委員会は今回の審査を踏まえ、30日に日本への勧告を公表する。
”と報道した(リンクはこちら)。


 ・「日本政府代表の外務省の大鷹正人・国連担当大使は、慰安婦問題をめぐって会合中に委員から「性奴隷」という表現が使われたとして、「事実に反し、不適切」だと抗議した。」とあるが、この「事実」とは何かについて果たして「大鷹正人・国連担当大使」は言及しているのだろうか。
 それを言わない限りは全く「抗議」にはならない。

 ・「また、2015年の日韓合意で両国が「最終的かつ不可逆的な解決」を確認したとする日本の主張に対し、ガイ・マクドゥーガル委員(米国)は「政府間の合意で、個人の要求を消すことはできない」と発言。慰安婦への謝罪が必要だと主張した。マルク・ボシュイ委員(ベルギー)も「政府間の合意で解決はできない」と述べた。」とあることには「日本政府」はどう反論するのだろうか。

 ・「大鷹大使は、女性を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の偽証を朝日新聞が報じたことで、慰安婦問題が世界的に広がったことに言及。」とあるが、これは完全な嘘である。
 そうではなく「河野談話」で韓国の主張を認め、「2015年の日韓合意」でそれを上書きしたからである。
 したがって「この新聞はすでに謝罪した」は何の意味もない。

 ・「委員に客観的評価を求めた」とあるが、これは「評価」の問題ではなく「事実」の問題である。
 「日本政府」が「事実」を言わないのだから、「日本に責任がある」とする「評価」は変わりようがない。

 さて問題は今後の展開であるが、焦点はやはり2番目の「個人の要求」の問題である。
 この「国連人種差別撤廃委員会」の設置根拠である「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」の22条には次のとおりある(リンクはこちら)。

第22条 この条約の解釈又は適用に関する2以上の締約国の間の紛争であって、交渉又はこの条約に明示的に定められている手続によって解決されないものは、紛争当事国が他の解決方法について合意しない限り、いずれかの紛争当事国の要請により、決定のため国際司法裁判所に付託される。

 この「この条約の解釈又は適用に関する2以上の締約国の間の紛争」の解釈が微妙であるが、もしこれがこの「個人の要求」の問題に直接適用されるとすれば、「いずれかの紛争当事国の要請」つまり韓国の要請だけで、この問題が「国際司法裁判所に付託される」ことになる。
 そうなればそんな時期にどのような主張をしようと我が国の敗訴は確実である。
 「安倍晋三首相」は一体どう責任を取るつもりだろうか。
  1. 2018/08/18(土) 08:34:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【主張】サンマ漁解禁 中国の乱獲から資源守れ" なぜ香川謙二政府代表(議長)は「コンセンサスに達するためのあらゆる努力が払われた」としなかったのだろうか。この辺りの押しの弱さが我が国の国益を大きく損なっている!! | ホーム | "国連人種差別撤廃委で4年ぶり対日審査 慰安婦問題が議題に" 安倍政権はこの対日審査会合に応じるべきではなかった。ヘイトスピーチは韓国が行っている竹島侵略や慰安婦強制連行捏造という敵国行為に対抗する手段だから!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3587-14308da8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)