FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"安保理禁輸品目の石油・軽油80トン …韓国政府、北朝鮮に搬出していた" 「韓国の人員が使うためなので制裁対象ではない」とあるのはいつもながらの手前勝手な屁理屈。日米は国連に対し敢然と韓国への制裁を要求すべき!!

 8月22日の中央日報日本語版は,”安保理禁輸品目の石油・軽油80トン …韓国政府、北朝鮮に搬出していた
 韓国政府が、開城南北連絡事務所共同開所のために、国連安全保障理事会が禁輸品目に指定していた製油製品およそ80トンを北朝鮮に搬出していたことが明らかになった。
 21日、国会外交統一委員会幹事の鄭亮碩議員(自由韓国党)が関税庁などから入手した資料によると、今年6~7月に石油と軽油8万2918キログラムが北朝鮮に搬出された。金額にすると約1億300万ウォン(約1016万円)相当になる。このうち南側に再搬入された量は1095キログラムで、100万ウォン相当にすぎない。
 該当品目は国際商品分類基準であるHSコード2710「石油・れき青油(原油は除く)」で、昨年12月に採択された国連安保理決議2397号で北朝鮮への搬入が禁止されている。これによると、製油製品の販売・供給だけでなく、移転も制裁違反に該当する。
 韓国政府当局者は、これについて「開城連絡事務所へ向かった物資は北朝鮮に在留している韓国の人員が使うためなので制裁対象ではない。北朝鮮にいかなる経済的利益も与えない」と説明した。だが、鄭議員は「韓国の人員が使っても、連絡事務所が北朝鮮にあるから問題」とし「制裁関連の協議が終わるよりも前に、執行から性急にやってしまった」と指摘した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「該当品目は国際商品分類基準であるHSコード2710「石油・れき青油(原油は除く)」で、昨年12月に採択された国連安保理決議2397号で北朝鮮への搬入が禁止されている。これによると、製油製品の販売・供給だけでなく、移転も制裁違反に該当する。」とあるのは全くそのとおりである。
 「開城連絡事務所へ向かった物資は北朝鮮に在留している韓国の人員が使うためなので制裁対象ではない。」とあるのはいつもながらの韓国特有の手前勝手な屁理屈である。
 日米は国連に対し敢然と韓国への制裁を要求すべきである。
 これについては次の報道があった。

 8月11日の産経新聞は,”「北制裁破り」の韓国企業、米国内で2次制裁求める声 緩む対北圧力…クギ差す? 
 北朝鮮産の石炭が韓国に密輸されていた問題で、米国内で韓国企業を国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議違反で制裁対象とすることを求める声が浮上してきた。トランプ政権は、北朝鮮に核放棄を促すための国際連携を維持する思惑から、すぐには韓国企業に制裁を科さないとみられるものの、左傾化を強める韓国の文在寅政権がなし崩し的に対北圧力を緩めないようクギを刺していく構えだ。
 国務省のナウアート報道官は9日の記者会見でこの問題に関し、「韓国は同盟国であり、緊密に連携している」とした上で、韓国の対応を見守る立場を強調。米政権としては当面、韓国が密輸問題を早期かつ自発的に是正していくか注視していく方針だ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「米政権としては当面、韓国が密輸問題を早期かつ自発的に是正していくか注視していく方針だ。」とあるが、こんな猶予は全く不要である。
 しかもこのことに関連しては4日のエントリーで次のとおり書いたところである(リンクはこちら)。

この制裁では「海運・貿易会社27社と船舶28隻、1個人」が対象になっているが、このように法人や個人を対象にしていては「もぐら叩き」のようなものである。
 そうではなくこれはあくまで国を対象にすべきである。



 事なかれ主義による無責任政治がモットーの「安倍晋三首相」がこれについて何か行動する可能性は全くないので、是非我々真正保守勢力に政権を与えてこれをやらせてもらいたい。
  1. 2018/08/23(木) 08:02:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"日中両政府が通貨スワップの再開検討、3兆円規模=関係筋" 米中が苛烈な貿易戦争を繰り広げる中で「中国金融市場の安定に資する通貨スワップは、米国も評価するはず」(政府与党関係者)は正気の沙汰ではない!! | ホーム | 立命館大学"日本政府の借金は約1,100兆円。なぜお金を刷って返済にまわさないのでしょうか?" 輸入の増大によって消費者物価は安定する一方で雇用は減少し所得は益々落ち込むことになる。要するに現在の韓国で起きていることと同じ事が生じる!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3593-d4936521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)