FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"4~6月期GDP改定値 実質で年率3・0%増" 「名目GDPは年率換算で2・8%増」は実現しそうにない。所詮、アベノミクスは我が国のデフレ不況の原因とは無関係だからこんな結果は当然!!

 9月10日の産経新聞は,”4~6月期GDP改定値 実質で年率3・0%増 速報値から大幅上方修正
 内閣府が10日発表した平成30年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、物価変動を除く実質で前期比0・7%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で3・0%増となり、8月10日に発表された速報値の年率1・9%増から大幅に上方修正された。4~6月期の法人企業統計を新たに反映して設備投資が大きく伸びたためで、28年1~3月期の年率3・4%増以来の大幅な伸びとなった。
 プラス成長は2四半期(6カ月)ぶり。項目別では、設備投資が運輸業・郵便業をはじめ全般的に好調で、速報値の1・3%増から3・1%増と大きく引き上げられ、27年1~3月期の3・4%増以来の大幅な伸びとなった。住宅投資も不動産仲介手数料が伸びて、2・7%減から2・4%減に上方修正された。GDPの約6割を占める個人消費は0・7%増で、速報値と変わらなかった。公共投資は0・1%減から0・02%増へ引き上げられた。
 輸出は0・2%増で速報値と同じだった一方、輸入は1・0%増から0・9%増へ引き下げられた。
 景気実感に近い名目GDPは0・7%増、年率換算で2・8%増で、年率1・7%増だった速報値から上方修正された。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「物価変動を除く実質で前期比0・7%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で3・0%増となり」とあるが、「率」で見ていても今一つ実感が沸かないので、例によって「実額」で比較したい。
 内閣府の「四半期」の「名目原系列」の統計から、「国内総生産(支出側)」、「民間需要」、「公的需要」及び「純輸出」の指数を比べると次表のとおりである(リンクはこちら)。

名目原系列                                (単位:10億円)

年月国内総生産(支出側)指数民間需要指数公的需要指数純輸出指数輸出輸入
2012/1- 3.123,706.30 93,950.70 31,088.80 -1,333.10 18,573.7019,906.80
4- 6.122,292.60 92,672.10 31,369.00 -1,748.50 18,486.1020,234.60
245,998.90100.00186,622.80100.0062,457.80100.00-3,081.60-100.0037,059.8040,141.40
2017/1- 3.134,639.80 100,492.70 32,906.60 1,240.50 24,014.8022,774.20
4- 6.134,666.80 99,522.80 34,249.30 894.7 23,145.5022,250.80
269,306.60109.47200,015.50107.1867,155.90107.522,135.2069.2947,160.3045,025.00
2018/1- 3.136,670.70 102,258.70 33,364.40 1,047.50 25,341.2024,293.70
4- 6.136,507.00 101,414.90 34,331.30 760.8 24,773.6024,012.80
273,177.70111.05203,673.60109.1467,695.70108.391,808.3058.6850,114.8048,306.50

 これを見ると、2018年の「国内総生産(支出側)」の伸びは1.57%に留まっており、「景気実感に近い名目GDPは0・7%増、年率換算で2・8%増」は実現しそうにない見込みがする。
 我が国のデフレ不況の原因は中韓との貿易にあるにも関わらず、所詮、アベノミクスはそれとは無関係な方面にばかり手を突っ込んでいる政策なのだから、こんな結果は当然と言える。
  1. 2018/09/11(火) 00:25:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"豚コレラ見えぬ感染ルート 「海外からか」" 豚コレラとアフリカ豚コレラとは別物。そういう点でやはり一番やばいのは韓国か。韓国の場合、故意も疑ってかからなければならないので警戒が必要!! | ホーム | "(5)伊東の港のそばに韓国系企業がメガソーラー 「海に土砂が流れ込む」" 伊東市長が静岡県知事に県の規則で技術的基準を強化又は付加することを宅造許可の前に要請すれば良かっただけのこと!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3612-e4c01477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)