fc2ブログ
2018/09/16

"運転手同士で口論、相手をタクシーではね殺害" まさか「タクシーが勝手に動き出し間に合わずにひいてしまった」のような子供だましの嘘を考慮に入れ業務上過失致死罪に落とすことがあってはならない!!

 9月16日の読売新聞は,”運転手同士で口論、相手をタクシーではね殺害
 警視庁麻布署は15日、韓国籍で東京都中野区野方、タクシー運転手の南康弘容疑者(69)を殺人容疑で逮捕した。
 発表によると、南容疑者は15日午後0時50分頃、港区六本木の路上で、千葉県市川市南行徳、ハイヤー運転手の岡田進さん(45)をタクシーではね、殺害した疑い。「タクシーが勝手に動き出し、ブレーキを踏んだが間に合わずにひいてしまった」と容疑を否認している。
 幅約4メートルの道路で、南容疑者のタクシーが反対方向から来た岡田さんのハイヤーの前で停車し、互いに車を降り、どちらが道を譲るかで口論になった。南容疑者はタクシーに戻り、ハイヤーに向かって歩道を歩いていた岡田さんをはね、ボンネットに乗せたまま街路灯に衝突させたという。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「警視庁麻布署は15日、韓国籍で東京都中野区野方、タクシー運転手の南康弘容疑者(69)を殺人容疑で逮捕した。」とあるが、警察、検察及び裁判官の3者はこれを最後まで「殺人」で処断できるだろうか。
 理由は言わずもがなである。

 まさか「タクシーが勝手に動き出し、ブレーキを踏んだが間に合わずにひいてしまった」のような子供だましの嘘を考慮に入れ、業務上過失致死罪に落とすことがあってはならない。
 法定刑における両者の差は大きい。

(殺人)
第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。
(業務上過失致死傷等)
第二百十一条 業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、五年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。重大な過失により人を死傷させた者も、同様とする。


 刑期はもちろん「無期又は七年を超える懲役又は禁錮」にすべきである。
 そしてその後、日本政府がどういう対処をするかも注目である。
 マスコミは報道しない自由を行使するだろうが、できるだけ今後も成り行きを見守りたい。

コメント

非公開コメント