FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"米国、国際郵便の専門機関離脱も 中国に利益、理由に" 到着料は先進国と開発途上国とでは異なる料率を適用。確かにトランプ大統領の腹立ちは理解できるが、少し言っていることが小さ過ぎるのではないか!!

 10月18日の朝日新聞は,”米国、国際郵便の専門機関離脱も 中国に利益、理由に
 米トランプ政権は17日、国際郵便を扱う国際連合の専門機関、万国郵便連合(UPU)から脱退する手続きに入ると発表した。中国などから米国への郵送代金が安く設定され、米郵政公社や企業が不利になっているとの理由だ。今後1年以内に各国と交渉し、納得できる進展がなければ正式に脱退する方針だ。
 UPUは1874年に設立された国際機関で、国際郵便の規則などを定める。国際郵便では、UPUの取り決めに従い、発送した国で集めた代金のうち、「到着料」と呼ばれる一定額を目的地の郵便当局に支払う。トランプ政権は、通商紛争を続ける中国などを念頭に、米国への到着料の水準が安すぎると主張してきた。
 米国務省は「到着料を米国が一方的に決められるようにすべきだ」とする勧告をトランプ大統領に示し、トランプ氏が合意した。電話会見した米政権高官は、現在のUPUの取り決めについて、「米郵政公社に大きな負担をかけ、そのコストが国内の郵便代金にしわ寄せされ、米国のメーカーや労働者が不利な状況に置かれている」と主張した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「国際郵便では、UPUの取り決めに従い、発送した国で集めた代金のうち、「到着料」と呼ばれる一定額を目的地の郵便当局に支払う。」とあることについては「発送した国で集めた代金」の決め方はどうなっているのだろうか。

 これについては少し古い資料であるが、総務省の「国際郵便に関する現状と最近の動向 平成19年10月18日 事務局」に次のとおりある(リンクはこちら)。

到着料制度の概要
○ 到着料は、二郵政庁間における通常郵便物の交換において、受取国郵政庁が、区分・配達等に係る費用として、差出国郵政庁から受領する補償金。
○ 到着料率は、すべての郵政庁を「目標制度に参加している国」(先進国)の郵政庁又は「移行制度に参加している国」(開発途上国)の郵政庁に分類した上で、以下のように異なる料率を適用。


 この「異なる料率」については、「平成19年」当時と現在とでは少し変更になっているようであり、現在の数字については総務省の「万国郵便条約」の29条以下に規定されている(リンクはこちら)。
 ただこれを簡単にまとめたHPは見つからなかった。

 要するに「先進国」から送れば高いが、「開発途上国」から送れば安いということであり、これを大きく異なったものにする合理的理由は存在しない。
 確かに「トランプ大統領」の腹立ちは理解できるが、少し言っていることが小さ過ぎるのではないだろうか。
  1. 2018/10/19(金) 08:28:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"社説 免震不正 地震国を覆う深い不信" 責任の所在が分からないものは分からないのであり、再発防止のためにはそれを前提に制度を組み立てていくしかない。個人ではなく企業そのものを処罰する刑事システムが必要!! | ホーム | "文大統領の年内訪日断念 慰安婦や観艦式、摩擦多く" 問題はもっぱら日本側にある。韓国側から投げられたサイに対応する意思も能力もないので我が国の国益に沿うように問題解決を図れる可能性は全くないから!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3650-a0498b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)