FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"韓国野党議員「安倍首相の強制徴用否定発言、稚拙極まりない」" 日本側が事実関係について明確に主張すれば韓国側は反論さえできない。このような事情は慰安婦問題でも同様!!

 11月4日の中央日報日本語版は,”韓国野党議員「安倍首相の強制徴用否定発言、稚拙極まりない」
 自由韓国党の羅卿ウォン議員は3日、日本の安倍晋三首相が強制徴用の事実を否定したことと関連し、「歴史的事実を否定する安倍首相の発言は稚拙極まりない」と批判した。
 羅議員はこの日フェイスブックへの投稿で、「大法院(最高裁に相当)の日本強制徴用賠償判決と関連し安倍首相は『旧朝鮮半島出身労働者の問題』と一蹴し、強制徴用を事実上否定する立場を明らかにした」としてこのように明らかにした。
 羅議員は「いくら国内政治と国際裁判で有利な地位を占めるためとしても歴史の基本的な内容を変え自発的契約による募集労働者というのは彼らの侵略を正当化するのと変わらない」として安倍首相の謝罪を促した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「いくら国内政治と国際裁判で有利な地位を占めるためとしても歴史の基本的な内容を変え自発的契約による募集労働者というのは彼らの侵略を正当化するのと変わらない」とあるが、何が「歴史の基本的な内容」であるのかはここでは一切記載されていない。
 次も似たような記事である。

 11月2日のRecord Chinaは,”原告は徴用工ではない?安倍首相の主張に韓国メディア「無理がある」
 2018年11月1日、韓国最高裁の新日鉄住金に対する賠償命令判決をめぐり、安倍晋三首相が「徴用工」ではなく「旧朝鮮半島出身労働者」との表現を使ったことについて、聯合ニュースなど複数の韓国メディアが「無理な主張だ」と批判的に伝えている。
 これについて、聯合ニュースは「徴用という言葉には強制動員という意味が含まれているため、対外的に与える否定的なイメージを減らしたい考えとみられる」と分析している。
”と報道した(リンクはこちら)。


 これについてもなぜ「無理な主張」なのかは一切記載されていない。
 これらの記事が示すことははっきりしている。
 要するに日本側が事実関係について明確に主張すれば、韓国側は反論さえできないということである。
 したがって日本側と対峙する立場にある韓国政府は次のような姿勢にならざるを得ない。

 11月4日の朝日新聞は,”徴用工問題、沈黙続ける韓国大統領府 「関与しない」
 韓国大法院(最高裁)が日本企業に元徴用工への損害賠償を命じた判決を巡り、韓国大統領府が沈黙を続けている。文在寅政権は従来、南北関係への支援や朴槿恵前政権を批判する思惑から日本との協力を訴える程度で、必ずしも日韓関係に強い関心を払っているとは言い難かった。国民感情を刺激し、解決が困難な徴用工問題に取り組む姿勢を十分には示せずにいる。
”と報道した(リンクはこちら)。
 

 「韓国大法院(最高裁)が日本企業に元徴用工への損害賠償を命じた判決を巡り、韓国大統領府が沈黙を続けている。」とあることはやはり分の悪さを認識しているからだろう。

 そしてこのような事情は慰安婦問題でも同様であった。
 要するに日本側が日韓慰安婦合意のような愚かな行為をせずにきちんと事実関係について明確に主張していれば、韓国側は反論さえできなかっただろうということである。

 なぜ「安倍晋三首相」がそうできなったかと言えば、元を正せば「平成19年4月27日キャンプ・デービットにて行われた安倍総理とブッシュ大統領による共同プレス行事(概要)」において、「安倍晋三首相」が謝罪したからである(リンクはこちら)。
 安倍政権が続く限りというか、要するに真正保守政権を誕生させない限り、我が国の名誉が回復されることはない。
  1. 2018/11/05(月) 09:24:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"韓国海軍の駆逐艦など佐世保入港 旭日旗問題後初、親善目的で" こんな情けない対応を繰り返しているようでは「自衛艦旗は海上自衛官の誇り」という発言もどこまで本気なのかよく分からない!! | ホーム | "河野太郎外相、元徴用工への補償は韓国の責任で" そもそも「徴用」はもちろん日韓併合にも何ら違法性はないのであって、そんなものから「補償や賠償」の義務は発生しようがない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3667-d1ccfd59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)