FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"韓国海軍の駆逐艦など佐世保入港 旭日旗問題後初、親善目的で" こんな情けない対応を繰り返しているようでは「自衛艦旗は海上自衛官の誇り」という発言もどこまで本気なのかよく分からない!!

 11月5日の共同通信は,”韓国海軍の駆逐艦など佐世保入港 旭日旗問題後初、親善目的で
 韓国海軍の駆逐艦と揚陸艦が5日、長崎県佐世保市の海上自衛隊佐世保基地に入港した。海自佐世保地方総監部によると、韓国側が海自に対して自衛艦旗である旭日旗の掲揚自粛を求めた問題以降、韓国海軍艦の来日は初めて。
 親善目的の来日で、幹部候補生同士の交流などを実施し、8日に出港する予定。5日は駆逐艦「デ・ジョヨン」(4400トン)などが接岸後、歓迎行事を開催。
 旭日旗を巡っては、10月に韓国・済州島であった国際観艦式に際し、韓国側が参加予定だった日本に掲揚自粛を要請。防衛省は応じられないとして参加を取りやめた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 この「韓国海軍の駆逐艦など佐世保入港」については10月8日のエントリーで、
軍関係者によると、今回の訓練での韓国艦艇の佐世保港への入港要請に、日本は歓迎の意を表明した。」とあるが、日本側は旭日旗掲揚自粛の対抗措置として「入港」を拒絶すべきである。
と書いたところである(リンクはこちら)。
 そしてそのように考えるのは何も当方が右派だからではなく、この「共同通信」のような左偏向新聞でさえ記事にしていることから分かるように、それが国家としての普通の対応だからである。

 しかもこの件については10月11日のエントリーで、
なお国土交通省のHPには、「昭和27年佐世保市が港湾管理者となり」とある(リンクはこちら)。
 したがって実際にそれを実行しようと思えば、権限者は内閣総理大臣ではなく佐世保市長である。

と書いたのであるが(リンクはこちら)、これは「長崎県佐世保市の海上自衛隊佐世保基地に入港」とあることから分かるように、当方の勘違いであったようである。
 要するに自衛隊サイドの一存で入港を拒絶できたということである。 
 こんな情けない対応を繰り返しているようでは次の発言もどこまで本気なのかよく分からない。

 10月4日の産経新聞は,”自衛隊の河野統幕長「自衛艦旗は海上自衛官の誇り。降ろすことは絶対にない」 韓国の「旭日旗」掲揚自粛を拒否
 自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長は4日の記者会見で、韓国側が求めている国際観艦式での自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛について拒否する考えを示した。「海上自衛官にとって自衛艦旗は誇りとしての旗だ。降ろしていくことは絶対にない」と強調した。「自衛艦旗については法律上、規則上、掲揚することになっている」とも述べた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「「海上自衛官にとって自衛艦旗は誇りとしての旗だ。降ろしていくことは絶対にない」と強調した。」とあるが、「誇り」が侮辱されたなら、そんな相手とは付き合わないというのが普通の感覚だろう。
  1. 2018/11/06(火) 00:21:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"河野外相、韓国徴用工判決に「あらゆる手段とる用意」" 国際司法裁判所への提訴の前にやるべきことは直ちに韓国に直接痛みを与えて韓国が受けざるを得ないような状況を作り出すこと!! | ホーム | "韓国野党議員「安倍首相の強制徴用否定発言、稚拙極まりない」" 日本側が事実関係について明確に主張すれば韓国側は反論さえできない。このような事情は慰安婦問題でも同様!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3668-b436e77f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)