FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"河野外相、韓国徴用工判決に「あらゆる手段とる用意」" 国際司法裁判所への提訴の前にやるべきことは直ちに韓国に直接痛みを与えて韓国が受けざるを得ないような状況を作り出すこと!!

 11月6日の産経新聞は,”河野外相、韓国徴用工判決に「あらゆる手段とる用意」
 河野太郎外相は6日の記者会見で、韓国の元徴用工をめぐる訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた確定判決に関し「こういう判決を出すというのは暴挙だ。これは2国間の問題ではなく、国際法に基づく国際秩序への挑戦だ」と述べ、韓国政府に早期の対応を重ねて求めた。
 河野氏は、韓国側の適切な対応がない場合には「あらゆる手段をとる用意がある」とも強調し、国際司法裁判所(ICJ)への提訴も辞さないとの姿勢を重ねて示した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「河野氏は、韓国側の適切な対応がない場合には「あらゆる手段をとる用意がある」とも強調し、国際司法裁判所(ICJ)への提訴も辞さないとの姿勢を重ねて示した。」とあるが、「国際司法裁判所(ICJ)への提訴」は「あらゆる手段」の中で最後に来るべきものである。
 というのはいくら「国際司法裁判所(ICJ)への提訴」しても韓国が受諾する可能性はないのであり、その前にやるべきことは直ちに韓国に直接痛みを与えて韓国が受けざるを得ないような状況を作り出すことである。
 その韓国が受けざるを得ないような「あらゆる手段」については次のような提案がある。

 11月1日の産経新聞は,”【阿比留瑠比の極言御免】韓国に分かる形で怒り示そう
 徳島文理大の八幡和郎教授は10月30日、自身のフェイスブックに「日本は何もしないと思われるから韓国は無茶をする」と書き、次の5つの報復措置を提案していた。
 (1)日本人が(朝鮮)半島に残した個人財産への補償を要求(2)対北朝鮮経済協力の拒否(統一時も含む)(3)3代目以降に特別永住者の地位を認めない事(4)歴史教科書における(近隣国への配慮を定めた)近隣国条項を韓国に限って撤回(5)韓国大衆文化の流入制限-。
 八幡氏は筆者に「これらは日本が単独でできる」と指摘し、こう付け加えた。
 「日本はここまでやれると見せないと、韓国とは話し合いにならない。紳士的に対応していたら、韓国政府も(感情に流されがちな)国民を説得できない」
 韓国側にも理解できる形で、日本の怒りを示すべきだろう。(論説委員兼政治部編集委員)
”と報道した(リンクはこちら)。


 「(1)日本人が(朝鮮)半島に残した個人財産への補償を要求(2)対北朝鮮経済協力の拒否(統一時も含む)(3)3代目以降に特別永住者の地位を認めない事(4)歴史教科書における(近隣国への配慮を定めた)近隣国条項を韓国に限って撤回(5)韓国大衆文化の流入制限-。」についてはどれも賛成である。

 しかし「(1)」、「(2)」及び「(4)」については現時点において韓国が痛みを感ずるようなものではない。
 また「(3)」については痛みを感ずるのは在日韓国人であって、韓国が直接痛みを感ずるものではない。
 在日関連は国内政治的に現時点では正直困難である。

 したがって今やる価値があるのは「(5)韓国大衆文化の流入制限-。」だけである。
 ただこれを対抗措置として直接やるのは表現の自由を尊重する先進国としてはなかなかハードルが高いものがある。
 あの中国でさえ表向きはないことになっており、あくまで国民の直接的選択の結果だということになっている。

 やはり我が国としてやりやすいのは11月1日のエントリーで提案したように、物の輸出入に制限をかけるということではないだろうか(リンクはこちら)。
 これならトランプの関税引き上げ政策のように同時進行的な事例が他にあるのだから、安倍政権としても障害は少ないと思う。
  1. 2018/11/07(水) 08:29:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"ズワイガニ、3年後に半減? 日本海、新潟の研究所予測" 理由として思い当たる節は韓国の乱獲。日韓漁業協議中断中は韓国側は暫定水域で好き勝手に漁獲してもいいことになるから!! | ホーム | "韓国海軍の駆逐艦など佐世保入港 旭日旗問題後初、親善目的で" こんな情けない対応を繰り返しているようでは「自衛艦旗は海上自衛官の誇り」という発言もどこまで本気なのかよく分からない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3669-bff77ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)