FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"日本海で日韓漁船が衝突=竹島の北東330キロ" この事故で問題にすべきは事故の原因よりも「両国の漁船操業が認められている海域」とある点!!

 11月15日の時事ドットコムは,”日本海で日韓漁船が衝突=竹島の北東330キロ、けが人なし
 15日午前9時40分ごろ、能登半島沖の日本海で韓国と山形県の漁船が衝突した。海上保安庁によると、けが人の情報はないという。現場は島根県竹島(韓国名・独島)の北東約333キロ。両国の漁船操業が認められている海域で、同庁などが衝突の経緯や原因を調べている。
 第9管区海上保安本部や山形県によると、日本側の漁船は同県漁協所属の「第三十八正徳丸」(163トン)。酒田港を出港し、現場付近でスルメイカ漁をしていた。乗員は9人で、5人が日本人、4人がインドネシア人。
 現場は日本海中部の「大和堆」と呼ばれる好漁場に近い海域で、この漁場では韓国や北朝鮮の漁船も頻繁に操業している。
 一方、韓国海洋警察当局によると、韓国漁船は48トン級。乗員13人は救助されたが、浸水し、近くの漁船が沈没を防いでいるという。
 韓国当局者は、韓国漁船が漁をしている最中に、日本漁船が接近し、衝突した可能性を指摘している。
”と報道した(リンクはこちら)。


 この事故で問題にすべきはもちろん事故の原因がどちらにあったかであり、「15日午前9時40分ごろ」という日中になぜ衝突したのか不思議である。
 この点は「韓国当局者は、韓国漁船が漁をしている最中に、日本漁船が接近し、衝突した可能性を指摘している。」という戯言はおいといて、「同庁」つまり「海上保安庁」が「衝突の経緯や原因を調べている」とあるから、追々真実が明らかになるだろう。

 しかしそれよりも問題にすべきは「日韓漁業協定」の協議が中断しているにも関わらず、「両国の漁船操業が認められている海域」とある点である。
 「現場は島根県竹島(韓国名・独島)の北東約333キロ。」とあるのはこの記事に地図が掲載されている(リンクはこちら)。
 「現場は日本海中部の「大和堆」と呼ばれる好漁場に近い海域」とあるから、この海域は「日韓漁業協定」にある「暫定水域」に該当するのだろう。

 この点については11月8日のエントリーで、
しかし文字通り「日韓双方の排他的経済水域(EEZ)や竹島周辺での操業ルールを決める漁業交渉」だとするなら、「竹島周辺は「暫定水域」に指定されており、それぞれの国の法律が適用される」のだから、中断している間は韓国側は暫定水域で好き勝手に漁獲してもいいことになる。
と書いたとおりである(リンクはこちら)。
 図らずもこの事故によって「日韓漁業協定」に対する我が国の運用の実態が明らかにされ、当方の主張が正しかったことが証明されたことになる。

 結論は先日と同じで、「とにかく諸悪の根源は「日韓漁業協定」であり、こんなものは直ちに廃棄するに限る。」である。
  1. 2018/11/16(金) 08:48:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"徴用工 日本が情報戦本腰 ASEAN会議で英語資料を配付" 別にやってまずいことはないが、これでやるべきことをやった気になっているとしたら問題。日本政府がやるべきことは直ちに韓国最高裁判決に対し対抗措置を取ること!! | ホーム | "元島民「希望見えてきた」 北方領土問題、解決に向けて期待" 日本側の取り組み姿勢が根本的に間違い。ロシアが北方領土を返還しないのは信頼がないからではなく単純に北方領土領有に利益があるから!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3678-19f6e9af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)