FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"韓国警備艦が日本漁船に操業停止要求 海保は認めず抗議" 「現場がルールを理解していなかった」は明らかに嘘。自民党政権のヘタレ振りが白日の下に晒されるため韓国側のこのような行動は大歓迎!!

 11月21日の朝日新聞は,”韓国警備艦が日本漁船に操業停止要求 海保は認めず抗議
 日本海にある大和堆周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内で20日午後8時半ごろ、根室漁協(北海道根室市)のいか釣り漁船「第85若潮丸」(184トン)が、韓国海洋警察庁の警備艦から「操業を止めて海域を移動せよ」との無線交信を受けた。無線を確認した日本の海上保安庁は警備艦に対し、EEZ内でのこうした要求は認められないと通告した。
 外務省は21日、外交ルートで20日夜に韓国側に抗議したと発表した。日韓漁業協定に反するとして、再発防止を求めている。日韓漁業協定は、境界線について両国が合意していない「暫定水域」では、相手国の漁船に対して関係法令を適用できないとしている。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「日本海にある大和堆周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)」とあるのは「暫定水域」だろうと思うが、「暫定水域」の言葉が出ているのはこの報道だけである。
 この報道でも「暫定水域」だとは断定していないが、文脈からするとそうとしか読めない。
 韓国側の反論は次の報道にある。

 11月21日の日経新聞は,”韓国警備艦が日本漁船に操業停止要求、外務省が抗議
 第9管区海上保安本部(新潟)は21日、日本の排他的経済水域(EEZ)内の大和堆周辺で操業していた北海道・根室漁協所属の漁船に20日夜、韓国海洋警察庁の警備艦が操業をやめるよう求めてきたと明らかにした。日韓漁業協定で操業可能な水域のため、海保の巡視船が現場で要求は認められないと伝えた。
 外務省は21日夜、韓国側に外交ルートで「断じて受け入れられない」と抗議したことを明らかにした。韓国側は「慣れない海域での警備のため、現場がルールを理解していなかった」と説明したという。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「韓国側は「慣れない海域での警備のため、現場がルールを理解していなかった」と説明したという。」とあるが、「慣れない海域」はそうだとしても、「現場がルールを理解していなかった」は明らかに嘘である。
 というのは「大和堆周辺」ではない「暫定水域」内、具体的に言えば竹島周辺では日頃から「韓国警備艦」が日本漁船を排除するような行動をしているからである。
 要するにこれは明らかに「現場がルールを理解」した上で意図的に行っているということである。
 おそらく今回は韓国漁船というより北朝鮮漁船の利益を守るためにこのような行動に出たのだろう。

 当方としては自民党政権のヘタレ振りが白日の下に晒されるため、韓国側のこのような行動は大歓迎である。
  1. 2018/11/22(木) 08:32:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"韓国政府、造船強化策発表 中小の新造船受注支援" このこと自体はもちろん問題であるが、造船業保護にそれほど大きな効果があるとは思えない。大きな効果があるとしたらやはりウォン・ドルの為替レート!! | ホーム | "国連強制失踪委 慰安婦問題で日本に責任者処罰など勧告" いくら外務省が間違っていると言っても、それで国民が外務省を批判するのはおかしなことであり、国民がいつまで経っても自民党を政権の座に着けていることに最大の問題がある!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3684-ed93a9d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)