FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"日韓外相が電話会談 徴用工判決の差し押さえ回避へ協議か" 「慎重な対応を求めた。」という韓国のふざけた言い草は日本側の姿勢に原因がある。相変わらず韓国政府の弥縫策に期待しているから!!

 12月12日の産経新聞は,”日韓外相が電話会談 徴用工判決の差し押さえ回避へ協議か
 河野太郎外相は12日、韓国の康京和外相と電話で会談し、いわゆる元徴用工らが韓国で起こした訴訟で日本企業に賠償を命じる確定判決が相次いだことをめぐって協議した。新日鉄住金を訴えた原告側は、同社から24日までに賠償対応の回答がなければ韓国内の資産の差し押さえ手続きに入る構えをみせており、河野氏は差し押さえを回避する方策を求めたとみられる。
 日本側は、原告側が実際に資産差し押さえ手続きに着手した場合の対抗措置の検討に入っている。韓国外務省によると、康氏は会談で河野氏に対し慎重な対応を求めた。
 韓国人の個人請求権問題は1965(昭和40)年の日韓請求権協定で解決済みのため、日本側は韓国最高裁判決について「協定違反で、日韓関係の法的基盤を覆す」と訴え、「国際法違反の状態」の是正を韓国側に促してきた。ただ、韓国政府が有効な対策を示せるかは不透明だ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「韓国外務省によると、康氏は会談で河野氏に対し慎重な対応を求めた。」とあるが、全くふざけた言い草である。
 先に殴りかかってきたのは韓国側なのだから、日本側がそれに対処するのに「慎重な対応」もへったくれもない。

 しかし韓国のこのようなふざけた言い草は日本側の姿勢に原因がある。
 というのは日本側が「日本企業に賠償を命じる確定判決」が出た段階で間髪入れずに対抗措置を取ることをせず、「河野氏は差し押さえを回避する方策を求めた」とあるように相変わらず韓国政府の弥縫策に期待しているからである。

 日本側の対応は次が最後の報道である。

 12月4日の産経新聞は,”徴用工判決に「具体的な対抗措置を」 自民党外交部会で強硬論続出
 自民党は4日午前、外交部会や日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会などの合同会合で、韓国最高裁が日本企業に対し、いわゆる徴用工だったと主張する韓国人らへの賠償を命じた判決への対応を協議した。出席者からは「駐韓大使召還などの措置を取るべきだ」「言うだけでは対抗措置にならない。具体的な手を打たなければならない」などと厳しい対応を求める意見が相次いだ。
”と報道した(リンクはこちら)。

 政権に近い筋からはもう10日近く何の発言もないことになる。
 これでは相手に舐められるのは当然である。
  1. 2018/12/13(木) 01:39:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"「日本の竹島領有権主張を裏付ける文献は1つもない」=国際フォーラムで韓国教授が主張" 韓国側の資料は存在しないから言及さえできないのだろう。日韓の領有に関する最初の同時代的資料は「竹島一件」!! | ホーム | "渡辺努教授:貨幣経済の落とし穴" 異次元緩和が間違いであることは当然。そしてそれの亜種である財政拡大もまた間違い。デフレの主因がグローバル化なら財政拡大はそれを解消する手段にはならないから!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3705-67e2f57a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)