FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"造船巡る日韓2国間協議が決裂" ルール無視かつイチャモン体質の韓国からして我が国の反ダンピング関税に対する韓国からの協議要請の方がはるかに事例が多くなければおかしい気がするが、それがないのはなぜなのだろうか!!

 12月19日の日経新聞は,”造船巡る日韓2国間協議が決裂
 日韓両政府は19日、韓国政府による自国造船業の公的支援問題に関する2国間協議をソウルで開いた。政府は11月、韓国が国際的な貿易ルールに違反しているとして世界貿易機関(WTO)への提訴の前提となる同協議の開催を要請していた。政府は協議で支援措置の早期撤廃を求めたが韓国は応じず決裂。提訴に発展する可能性が高まった。
 韓国は政府系金融機関を通じ経営が悪化した大宇造船海洋に約1兆2000億円の公的支援を実施。海運会社には船舶の購入を支援した。政府はこれらの措置が補助金協定に違反するとみている。
 要請から60日がたっても解決しない場合、WTOの紛争解決機関に案件を審理する小委員会(パネル)が日本の求めに応じて設置される。同委は原則6カ月以内に最終報告をつくりWTO協定に違反するかどうかを判断する。
 韓国とは原子力発電所事故に伴う日本産の水産物の輸入規制、日本製のステンレス鋼や産業用バルブに対する韓国の反ダンピング(不当廉売)関税の3件についてWTOで係争中だ。3件とも2カ国協議の決裂を受け、パネルが設置された。
”と報道した(リンクはこちら)。


 韓国絡みの問題に関してはとにかく日本政府の動きがスローモーなので、常に進捗をチェックすることが必要である。
 今回の場合、まだ「要請から60日」以内だから一応スケジュールに則っているが、問題はこの先「60日がたっても解決しない場合」、「日本の求め」を果断に実行できるかである。
 「政府は11月」、「開催を要請していた」だから1月にその時期が来るので、しっかりチェックしていかなければならない。

 さて「韓国とは原子力発電所事故に伴う日本産の水産物の輸入規制、日本製のステンレス鋼や産業用バルブに対する韓国の反ダンピング(不当廉売)関税の3件についてWTOで係争中だ。」とあることについてはいずれも我が国からの輸出品に対する韓国との係争案件に関するものである。
 しかしこれと逆のケースはないのだろうか。
 ルール無視かつイチャモン体質の韓国からしてこれと逆のケースの方がはるかに事例が多くなければおかしい気がする。

 これに関しては経済産業省のHPに我が国の韓国に対する「AD税賦課」の事例が3件記載されているが、いずれも「WTO」案件にはならなかったようである(リンクはこちら)。

(2)我が国の調査開始・発動事例

  ①炭素鋼製突合せ溶接式継手(大韓民国、中華人民共和国産)
   2018年(平成30年)3月31日  AD税賦課(2023年3月30日まで)

  ③水酸化カリウム(大韓民国、中華人民共和国産)
    <概要>
   2015年(平成27年)8月9日   AD税賦課(2021年8月8日まで)

  ⑦ポリエステル短繊維の一部(韓国及び台湾)
    2002年(平成14年)7月26日   AD税賦課
    2007年(平成19年)6月29日   AD税賦課延長
    2012年(平成24年)6月28日   課税期間満了


 しかしこれは我が国が公正に対処しているからというより、余りに酷い事例だけにしか「AD税賦課」をしておらず、他のそれほどまででないものはすべて見逃しているからではないか。
 もしそうであれば日本政府が握りつぶしているならまだ救いようがあるが、それ以前に日本企業が調査開始申請をしていないとすれば、相変わらず日本人全体が韓国に対して自虐史観に囚われていることとなり問題はかなり深刻である。
  1. 2018/12/20(木) 09:38:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"景気拡大「戦後最長並ぶ」73カ月" 2017(H29)年のセメント内需は「いざなみ景気」(14年2月~20年2月)はおろか民主党政権最終年の2012(H24)年にさえ及ばない。いかに「景気拡大」が嘘っぱちかということ!! | ホーム | "ファーウェイ排除、電子部品集積の関西経済にも影響" これに関しては自業自得としか思わないが、不思議に思うことは反日国家中国でさえ日本企業の部品を使っているのになぜ日本製スマホは没落してしまったのかということ!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3712-9968a1a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)