FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"防衛相「攻撃直前の行為」 韓国駆逐艦が海自哨戒機に火器レーダー照射" 韓国がこんなふざけた真似をするのも我が国が日頃からきちんとした対抗措置を取らないから。徴用工問題でも今さら協議の余裕はないはず!!

 12月21日の毎日新聞は,”防衛相「攻撃直前の行為」 韓国駆逐艦が海自哨戒機に火器レーダー照射
 防衛省は21日、海上自衛隊厚木基地(神奈川県)所属のP1哨戒機が20日午後3時ごろ、石川県・能登半島沖の排他的経済水域内の上空で韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けたと発表した。韓国軍からのレーダー照射が公表されたのは初めて。日韓関係の悪化が懸念される。
 岩屋毅防衛相は「攻撃直前の行為。不測の事態を招きかねず極めて危険」と述べ、韓国に強く抗議したことを明らかにした。一方、韓国国防省は「日本の哨戒機を追跡する目的で運用した事実はない」とのコメントを発表した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「一方、韓国国防省は「日本の哨戒機を追跡する目的で運用した事実はない」とのコメントを発表した。」とあるが、「レーダー照射」するなら「日本の哨戒機を追跡する目的」以外あり得ないのであって、こんなふざけた言い訳を相手にする必要はない。
 我が国としては粛々とこれにペナルティとしての対抗措置を取ればいいだけである。

 しかし韓国がこんなふざけた真似をするのも我が国が日頃からきちんとした対抗措置を取らないからであって、例の徴用工問題でも次のような有り様である。

 12月21日のTBS NEWSは,”外務省局長が23日から韓国訪問、徴用工対応で協議か
 外務省は、金杉アジア大洋州局長が、23日から韓国を訪問すると発表しました。元徴用工判決への対応をめぐり、韓国側と協議するものとみられます。
 元徴用工の原告側弁護団は、韓国最高裁に賠償を命じられた新日鉄住金に対し、24日午後5時までに協議に応じるよう求めていて、返答がない場合は、資産の差し押さえ手続きに入ると表明しています。
 日本の外務省は、韓国の当局側が新日鉄住金の資産差し押さえを実際に行えば、直ちに何らかの措置に踏み切る方針です。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「元徴用工判決への対応をめぐり、韓国側と協議するものとみられます。」とあるが、一体何を「協議」しようというのだろうか。
 すでに「元徴用工の原告側弁護団」は「24日午後5時」以降、「資産の差し押さえ手続きに入る」と言っているのだから、もう土壇場にさしかかっているのであり、今さら「協議」の余裕はないはずである。
 こんなおっかなびっくりの事をやっているから、相手から舐められるのである。

 本来なら判決後すぐに対抗措置に入るべきであったが、「資産差し押さえを実際に行えば、直ちに何らかの措置に踏み切る」でもいいから、とにかくキチンとした対応を望みたい。
  1. 2018/12/22(土) 02:30:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"米、対日交渉の目的公表 為替操作の防止も掲げる" 内容的には間違いだが、日中貿易の赤字は無視して日米貿易の黒字のみに活路を求める我が国の政財界のおかしな発想を正すいいきっかけになるだろう!! | ホーム | "景気拡大「戦後最長並ぶ」73カ月" 2017(H29)年のセメント内需は「いざなみ景気」(14年2月~20年2月)はおろか民主党政権最終年の2012(H24)年にさえ及ばない。いかに「景気拡大」が嘘っぱちかということ!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3714-4bf202a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)