FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"中国漁船、水産庁職員12人乗せ半日逃走 停船命令無視" 停船して検査に応じるよう説得を続けたが船長らは応じなかったは余りにも無様。容疑者に対しては「説得」するものではなく強制すべきものだから!!

 12月27日の産経新聞は,”中国漁船、水産庁職員12人乗せ半日逃走 停船命令無視 EEZ漁業法違反の疑い
 鹿児島県沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で11月、違法操業の疑いがある中国漁船が、立ち入り検査のために乗り込んでいた水産庁の職員12人を乗せたまま、半日以上、逃走していたことが26日、政府関係者への取材で分かった。同庁は外国人の違法操業などを規制するEEZ漁業法違反の疑いで捜査。外交ルートを通じ、漁船員らを中国国内法で処罰するよう中国側に要請した。一時、漁船に連れ回された職員12人にけがはなかった。
 水産庁によると、11月5日午前、鹿児島県西方沖の日本のEEZ内で、違法な底引き網漁をしている疑いがある中国漁船2隻を取締船「白萩丸」が発見した。取締船は漁船を停船させて職員12人が乗り込み、立ち入り検査に着手したが、漁船は命令に反して逃走しながら漁を継続した。
 さらに、取締船や、要請を受け駆けつけた海上保安庁巡視船の停船命令を重ねて無視し、日本のEEZ内を航行。漁船に乗り込んだ職員らも、停船して検査に応じるよう説得を続けたが船長らは応じなかった。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「外交ルートを通じ、漁船員らを中国国内法で処罰するよう中国側に要請した。」とあるが、「外国人の違法操業などを規制するEEZ漁業法違反」以前に「立ち入り検査のために乗り込んでいた水産庁の職員12人を乗せたまま、半日以上、逃走していた」ことは何らかの刑事法令に違反しているのではないか。
 例えば公務執行妨害罪はどうか。
 刑法95条1項は次のとおり定めている。

(公務執行妨害及び職務強要)
第九十五条 公務員が職務を執行するに当たり、これに対して暴行又は脅迫を加えた者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。


 問題は「暴行又は脅迫」があったと認定できるかどうかであるが、「取締船や、要請を受け駆けつけた海上保安庁巡視船の停船命令を重ねて無視し」という段階で「暴行又は脅迫」があったと認定してもよいのではないか。

 それにしても「漁船に乗り込んだ職員らも、停船して検査に応じるよう説得を続けたが船長らは応じなかった。」は余りにも無様である。
 容疑者に対しては「説得」するものではなく、強制すべきものだからである。

 それもこれもすべての原因は「水産庁の職員」が武器を携帯していない事による。
 このことについては12月7日のエントリーで、「衆議院農林水産委員会」における「吉川国務大臣」の次のような答弁を紹介したところである(リンクはこちら)。

これに関しまして、漁業監督官の武器の携帯等につきましては、現場の漁業監督官の意見も聞きながら今検討を重ねているところでもありまするけれども、漁業監督公務員の採用やキャリアパスのあり方、さらには職員の訓練や安全確保、武器及び弾薬の保管管理体制の整備なども検討をしなければなりません。実務的な課題が多数あるために、引き続き慎重に検討を続けてまいりたいと存じております。

 これは当方には現場の反対があって出来ないとしか聞こえないのであるが、もしそうなら「水産庁の職員」は単なるでもしか公務員にしか過ぎないのであって、「漁業監督官」の資格はないものと言わなければならない。
  1. 2018/12/28(金) 02:47:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"渋る防衛省、安倍首相が押し切る=日韓対立泥沼化も-映像公開" この幹部は意識がおかしい。竹島問題や慰安婦問題を適切に理解していれば韓国が「反発」などという言葉は一切出てくる余地がないこと!! | ホーム | "福島第1原発事故、責任転嫁を指弾 指定弁護士「情報収集すべき義務」" 明らかにこの「指定弁護士側」の主張には政治的バイアスがかかっている。「地域の弁護士会が推薦した弁護士が指定される慣例」は完全に間違っている!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3720-8759cdde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)