fc2ブログ
2018/12/29

"渋る防衛省、安倍首相が押し切る=日韓対立泥沼化も-映像公開" この幹部は意識がおかしい。竹島問題や慰安婦問題を適切に理解していれば韓国が「反発」などという言葉は一切出てくる余地がないこと!!

 12月28日の時事ドットコムは,”渋る防衛省、安倍首相が押し切る=日韓対立泥沼化も-映像公開
 韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題をめぐり日韓の主張がぶつかる中、防衛省が「証拠」として当時の映像の公開に踏み切った。同省は防衛当局間の関係を一層冷え込ませると慎重だったが、韓国にいら立ちを募らせる安倍晋三首相がトップダウンで押し切った。日本の正当性を世論に訴える狙いだが、泥沼化する恐れもある。
 防衛省は当初、映像公開について「韓国がさらに反発するだけだ」(幹部)との見方が強く、岩屋毅防衛相も否定的だった。複数の政府関係者によると、方針転換は27日、首相の「鶴の一声」で急きょ決まった。
 韓国政府は11月、日韓合意に基づく元慰安婦支援財団の解散を決定。元徴用工訴訟をめぐり日本企業への賠償判決も相次ぎ、首相は「韓国に対し相当頭にきていた」(自民党関係者)という。
 そこに加わったのが危険な火器管制レーダーの照射。海自機への照射を否定する韓国の姿勢に、首相の不満が爆発したもようだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「防衛省は当初、映像公開について「韓国がさらに反発するだけだ」(幹部)との見方が強く、岩屋毅防衛相も否定的だった。」とあるが、この「幹部」は意識がおかしい。
 韓国は我が国が「反発」するようなことを意図的に行っているのだから、それを正そうとするのに韓国が「反発」するとかしないとかは全く関係のないことである。

 そもそもこの「幹部」は韓国が我が国固有の領土である竹島を不法占拠している事実をどう理解しているのだろうか。
 または慰安婦問題で嘘八百を並べ立てて旧日本軍を侮辱していることをどう考えているのだろうか。
 それらのことを適切に理解していれば、韓国が「反発」などという言葉は一切出てくる余地がないことである。 

 「岩屋毅防衛相」以外の「幹部」とは果たして誰のことだろうか。
 現在、副大臣は「原田 憲治」氏、政務官は「鈴木 貴子」氏、「山田 宏」の両氏である(リンクはこちら)。
 また防衛事務次官は「髙橋 憲一」氏である(リンクはこちら)。

 とはいえ「防衛当局間の関係」ということを気にしているとすれば、おそらくこの「幹部」はこのような政務畑や事務畑の人物ではなく、いわゆる制服組の1人ではないだろうか。
 そうなるとなおのこと竹島問題や慰安婦問題への認識のあり方が懸念されるところであるが、所詮は時事通信の記事だから、適当に記事を作り上げている可能性の方が高いようにも思える。

コメント

非公開コメント