FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"済州島のみかん、日本が特許問題提起で大量廃棄の危機" 実に韓国人らしくない真っ当な対応で、どうしても何か裏があるのではと邪推してしまう。北朝鮮相手にミカンとマツタケの物々交換か!!

 12月26日のRecord Chinaは,”済州島のみかん、日本が特許問題提起で大量廃棄の危機=韓国ネットは「100%日本が正しい」
 2018年12月22日、韓国・朝鮮日報などによると、日本産のカンキツ新品種「みはや」と「あすみ」を栽培している済州島の農家らが、収穫目前のみかん920トンを出荷できないという状況に直面している。その理由は、韓国農協らがこのほど、同2品種に対する日本からのロイヤルティー支払い要求を受け、出荷の全面禁止を決定したためだという。
 済州島農業技術院などによると、日本の国立研究開発法人は1月、晩柑類の「みはや」と「あすみ」の品種登録を出願した。また、2039年まで同2品種を保護品種に登録し、ロイヤルティーを農協中央会などに要求した。
 済州島の農家らは、2014年に発売された同2品種の苗木を日本現地の農家から購入し、技術移転や分譲について正式に契約を締結せずに普及させた。現在は208の農家が920トンを栽培している。金額にすると50億ウォン(約5億円)に上るという。
 韓国農協は「今後、国際紛争や訴訟問題になる懸念がある」との理由で、同2品種について韓国内のスーパーや市場での販売を禁止した。済州島農業技術院の関係者は「1970年代には在日韓国人が日本産みかんの苗木を韓国に持ち込むと称賛を受けた。しかし2012年に植物新品種保護国際同盟に加入し、外国で登録された新品種に対しロイヤルティーを払うことになったため、新品種の導入には注意が必要だ」と説明したという。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「その理由は、韓国農協らがこのほど、同2品種に対する日本からのロイヤルティー支払い要求を受け、出荷の全面禁止を決定したためだという。」とあるのは実に韓国人らしくない真っ当な対応で、どうしても何か裏があるのではと邪推してしまう。
 と思っていたらコメント欄に次のような書き込みがあった。

日本人***** | (2018/12/27 10:57)
 北とミカンとマツタケの物々交換だな…。(記事中では、出荷の全面禁止・販売の禁止とは有るが、どこにも廃棄とは明記されていない。知り合いに上げたら・お礼をくれた…など言い訳三昧だろう)。


 「北とミカンとマツタケの物々交換だな…。」とあるのは、おそらくこれが正解だろうと当方も納得する。

 それにしても「済州島の農家らは、2014年に発売された同2品種の苗木を日本現地の農家から購入し、技術移転や分譲について正式に契約を締結せずに普及させた。」とある「日本現地の農家」の倫理観の低さには辟易する。  
 おそらく間には在日韓国人が介在し、売ったというよりは連中の口車に乗せられてだまし取られたという方が正解なのではないか。

 そういう意味では倫理観の低さと言うより警戒心の薄さである。
 安全保障を他国に委ねる弊害がこんなところに出ていると言わざるを得ない。
  1. 2018/12/30(日) 01:30:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"「韓国には関わるな」 これこそが歴史の教訓、一刻も早い「報復」を" ことは軍事問題なのだから軍事制裁も必要。「次にこのような行為を行えば軍事攻撃の着手と見なして相応な軍事攻撃を実行する」と通告すべき!! | ホーム | "渋る防衛省、安倍首相が押し切る=日韓対立泥沼化も-映像公開" この幹部は意識がおかしい。竹島問題や慰安婦問題を適切に理解していれば韓国が「反発」などという言葉は一切出てくる余地がないこと!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3722-d6c019fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)