FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"徴用工訴訟、韓国への対抗策指示 安倍晋三首相、関係省庁に" 事なかれ主義の権化である我が国の役人に指示したところでろくな提案がされるはずもない。国際司法裁への付託は対抗措置でも何でもない!!

 1月6日の産経新聞は,”徴用工訴訟、韓国への対抗策指示 安倍晋三首相、関係省庁に
 安倍晋三首相は6日のNHK番組で、いわゆる徴用工訴訟に関する韓国最高裁の確定判決に基づき、原告団が新日鉄住金の資産差し押さえ手続きに着手したことについて「極めて遺憾だ。そもそも、1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決されている話だ。国際法に基づき毅然とした対応をとるため、具体的な措置の検討を関係省庁に指示した」と述べた。
 首相は、対抗策の内容については明らかにしなかった。政府内には「トランプ米大統領流に、韓国製品の関税を上げるのがいい」(閣僚)などと、関税法改正による制裁措置を求める声もあり、さまざまな対応が検討されることになる。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「そもそも、1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決されている話だ。国際法に基づき毅然とした対応をとるため、具体的な措置の検討を関係省庁に指示した」とあるが、こんなことを事なかれ主義の権化である我が国の役人に指示したところで、ろくな提案がされるはずもない。
 細部はともかく、方針位は安倍政権内で設定すべきである。

 というか「検討」の「指示」自体は前から出ておりその結果が、昨日の報道にあった「協議が不調に終われば、第三国も交えた仲裁措置を要請し、国際司法裁判所(ICJ)への付託も検討する。」だったのではないか。
 しかしこれについては昨日、「これは「韓国最高裁判決」の効果を相殺するような効果はないから、「対抗措置」でも何でもない」と書いたとおりである。

 結論は昨日と同じである。
 「とにかく安倍政権の行動は万事がスローモーであり、韓国の不利益になることはしたくないという思惑が見え見えである」。
  1. 2019/01/07(月) 06:21:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"三菱重に和解協議要求へ=来月末に期限設定-韓国徴用工訴訟" 新日鉄住金に対する場合と違ってこちらの方は簡単に強制執行が可能ではないか!! | ホーム | "元徴用工訴訟 政府、日韓協議を検討 資産保全の場合" そんなことは韓国最高裁判決を出す前に韓国側がすべきことであり今さら協議の必要はない。実際いくら協議したところで個別の判決に干渉することはできない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3730-36cef769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)