FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"日露首脳、22日夜会談、領土交渉進展なるか" こんな会談など何度やっても無駄なこと。小国である韓国からさえ竹島を取り戻せないのになぜ大国であるロシアから北方領土を取り戻せると考えられるのか!!

 1月22日の産経新聞は,”日露首脳、22日夜会談、領土交渉進展なるか
 ロシアを訪問中の安倍晋三首相は22日午後(日本時間同日夜)、プーチン大統領とモスクワのクレムリン(大統領府)で会談する。平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本に引き渡すと明記した1956(昭和31)年の日ソ共同宣言を交渉の基礎とすることで合意した昨年11月以来、初の本格的な首脳会談となる。日露双方の隔たりを埋め、交渉を前進させられるかが焦点となる。
 会談には今月14日にラブロフ露外相と会談した河野太郎外相も同席する。外相会談では、ラブロフ氏が北方領土の主権の所在を「第二次世界大戦の結果、ロシア領となった」などと主張し、双方の歴史認識の溝の大きさが鮮明になった。
 ただ、日本政府はロシア側の対応について「想定内」(官邸筋)と冷静に受け止めている。首相はプーチン氏との信頼関係をてこに日露両国民が受け入れ可能な一致点を見いだし、6月に大阪で開かれるG20サミットでの大枠合意に向けて弾みをつけたい考え。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「首相はプーチン氏との信頼関係をてこに日露両国民が受け入れ可能な一致点を見いだし、6月に大阪で開かれるG20サミットでの大枠合意に向けて弾みをつけたい考え。」とあるが、これは完全な間違いである。
 ロシアが「北方領土」を返還しないのは日露間に「信頼関係」がないからではなく、「返還しないメリット」が「返還するメリット」を上回っているからである。
 ただこれは国際政治の現実から言えばむしろ、「返還しないデメリット」<「返還したデメリット」と言う方が正解だろう。
 我が国がやらなければならないことはこの「返還しないデメリット」をできるだけ大きくしてこの比較式を逆転することであるが、安倍政権は全くやっていない。
 したがってこんな「会談」など何度やっても無駄なことである。

 しかし当方のように考える日本国民はむしろ少数派であり、多くの日本国民はそれなりに期待感を持って眺めている。
 しかし小国である韓国からさえ竹島を取り戻せないのになぜ大国であるロシアから北方領土を取り戻せると考えられるのか。
 また現在中国に奪われようとしている尖閣諸島さえ守れないのになぜすでにロシアに奪われた北方領土を取り戻せると考えられるのか。
 当方には普通の日本国民の考え方は不思議でしょうがない。
  1. 2019/01/23(水) 00:11:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"米中貿易摩擦の影響が日本に波及 対中輸出7%減" 「中国経済の減速が日本にも波及」は完全な逆。過去30年近く中国からの対米輸出が増加したことが我が国の対米輸出シェアを奪い我が国を不況に陥らせてきたから!! | ホーム | "「韓国との協議、もはや困難」防衛省がレーダー問題で最終見解" 妥当な対応だが、「日米韓の防衛協力の重要性」は全く余計な記述。朝鮮半島で有事が起ころうとそれは単なる内戦だから米国や我が国は介入すべきではない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3746-35c67895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)