FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"威嚇飛行:韓国軍「今度接近したらヘリで進路を妨害」" もし実際に接触等があればいわば自爆的攻撃として武力行使の一環に当てはまる。我が国は反撃はもちろん報復も可能であるし、事後の謝罪と賠償の請求も可能!!

 1月24日の朝鮮日報日本語版は,”威嚇飛行:韓国軍「今度接近したらヘリで進路を妨害」
 日本の海上自衛隊の哨戒機による韓国艦艇への威嚇飛行に関連し、韓国軍が対応策として、艦艇に搭載されているヘリコプターの動員を検討していることが24日までに分かった。哨戒機が艦艇に接近した場合、海上作戦用ヘリコプターを出動させて哨戒機の進路を妨害するというわけだ。韓国軍合同参謀本部は同日、こうした案を含め日本の哨戒機による威嚇飛行問題について与党「共に民主党」に報告した。
 現在、韓国軍の駆逐艦と新型哨戒艦などにはヘリコプターの搭載が可能だが、基本的に対潜水艦または対艦用だ。これについて韓国軍関係者は「ヘリコプター自体が哨戒機に対抗することはできない」としながらも「艦艇周辺にヘリを飛ばしておけば、高速で動く哨戒機は艦艇への接近が不可能になる」と説明した。急な進路変更が不可能な飛行機の特性を踏まえ、進路上にヘリコプターを障害物代わりに飛ばしておくというわけだ。
 日本政府の菅義偉官房長官は同日の記者会見で「海上自衛隊の哨戒機は適切に飛行していたと防衛省から報告を受けている」と再度明らかにした。菅官房長官は、今回の件について日本の自衛隊が保有している情報を公開する予定があるかとの質問に対し「日韓の防衛当局の間でしっかりと意思疎通を図ることが重要だ」として、具体的な言及を避けた。東京の消息筋は「日本政府は今回の事態の推移を見守りながら対応レベルを決めるのだろう」と話した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「哨戒機が艦艇に接近した場合、海上作戦用ヘリコプターを出動させて哨戒機の進路を妨害するというわけだ。」とあるのは何か情けない対応であるが、そうは言いつつもし実際に接触等があれば、いわば自爆的攻撃として武力行使の一環に当てはまるだろう。
 これについてはもちろん正当性がないから、我が国は反撃はもちろん報復も可能であるし、事後の謝罪と賠償の請求も可能である。

 問題は安倍政権にその意思があるかということであるが、「日韓の防衛当局の間でしっかりと意思疎通を図ることが重要だ」という口振りからはそんな気構えは全く感じられない。
 しかし今回の件では我が国の世論もかなりの高まりを見せている。
 もし不測の事態が生じたときに安倍政権が無責任な姿勢を見せれば、統一地方選から参院選と続く各種選挙において自民党はかなり劣勢となる材料を抱え込むことになる。

 残念ながら真正保守勢力としては本丸の参議院選挙には候補者を擁立することは出来ないのであるが、おそらく衆議院選挙もそう遠くはないだろうから、その際にはできれば候補者の擁立ができれば幸いである。
 残念ながら我々行動保守系は資金力の点で難しいが、全国的集金力を持つチャンネル桜系なら可能なのではないかと期待している。
  1. 2019/01/25(金) 04:48:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【主張】韓国の対日非難 制裁の検討もやむを得ぬ" 筋から言えば昨年10月30日の徴用工判決により韓国は日韓基本条約に違反したのだから、その直後に「対韓制裁」を実施していなければおかしい!! | ホーム | "米中貿易摩擦の影響が日本に波及 対中輸出7%減" 「中国経済の減速が日本にも波及」は完全な逆。過去30年近く中国からの対米輸出が増加したことが我が国の対米輸出シェアを奪い我が国を不況に陥らせてきたから!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3748-2e1433ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)