FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"河野外相「金剛山・開城工業団地の再開はできない」…韓日米連携に「冷や水」" 開城工業団地の再開反対は非常に評価できる。そこで生産された製品は「韓国産」として世界へ輸出されているから!!

 2月22日の中央日報日本語版は,”河野外相「金剛山・開城工業団地の再開はできない」…韓日米連携に「冷や水」
 日本外相が金剛山観光と開城工業団地の再開はもちろん、南北経済協力にも反対するという意向に触れた。2回目の米朝首脳会談を5日控えて出た日本外相の発言で韓日米連携に亀裂が生じるのではないかという懸念の声が出ている。
 22日午後、河野太郎外相の記者会見では2日前に文在寅大統領とドナルド・トランプ米大統領の電話会談の内容に関する質問が出た。
 ある記者が「両首脳が電話会談を行った時、南北経済協力の用意があるという趣旨の発言があった。制裁の一部緩和が必要だといった」とし、日本政府の立場を質問した。
 すると、河野外相は「韓国が言うのは制裁とは関係がない話であり、これは制裁が解除された後のことだと理解している」と話した。
 河野外相は引き続き「北朝鮮が要求する金剛山観光と開城工業団地事業の再開を制裁の例外として認めてはならないということか」という質問に「そのように思っている」と釘を刺した。
 これはわずか4日前に文在寅大統領がトランプ大統領と電話会談で第2回米朝首脳会談を契機に南北経済協力の道を開こうとした動きに正面からブレーキをかけたものに読まれる。
”と報道した(リンクはこちら)。


 まず「2回目の米朝首脳会談を5日控えて出た日本外相の発言で韓日米連携に亀裂が生じるのではないかという懸念の声が出ている。」とあるのはお笑いである。
 というのは「韓日米連携」などというものは全く評価しないが、それに「亀裂」を生じさせているのはまさしく「文在寅大統領」だからである。

 それはさておき「河野外相は引き続き「北朝鮮が要求する金剛山観光と開城工業団地事業の再開を制裁の例外として認めてはならないということか」という質問に「そのように思っている」と釘を刺した。」とあるのは非常に評価できる。
 というのはこの「開城工業団地事業」は非常に問題があるからである。
 なぜ問題かと言えば、この「開城工業団地事業」は北朝鮮国内に存在するにもかかわらず、そこで生産された製品は「韓国産」として世界へ輸出されているからである。
 このことはある論文の中に次のとおりある(リンクはこちら)。

韓国とシンガポール, 欧州自由貿易連合(EFTA),東南アジア諸国連合(ASEAN),インド及びペルーとの自由貿易協定(FTA)は「開城工業団地」の製品を韓国産と認定(対象品目を別途規定),韓国と欧州連合(EU),米韓FTAでは協定発効後1年後に「朝鮮半島域外加工地域委員会」を構成するとある。

 我が国に対してはどうかと言えば、「反日無罪」だから「FTA」があろうとなかろうと「韓国産」として輸出されているだろう。
 トランプ大統領の姿勢がぐらついている今、我が国ははっきりと釘を刺しておくべきである。
  1. 2019/02/23(土) 08:00:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"岩屋防衛相、訓練参加を表明 韓国側は「日本、不参加」" 主催はあくまで「韓国およびASEAN・東南アジア諸国連合の10カ国」。米国は無関係なのだから我が国としては敢えてしゃしゃり出て行く必要性は全くない!! | ホーム | "日本製品の使用制限条例案を発議…ソウル市議" 徴用工判決の場合は司法が勝手にやっていることと言い逃れが可能であるが、この場合はそうはいかない。韓国が柄にもなく空気を読まずに火病を爆発させて突き進んでもらいたい!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3777-34990719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)