FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"岩屋防衛相、訓練参加を表明 韓国側は「日本、不参加」" 主催はあくまで「韓国およびASEAN・東南アジア諸国連合の10カ国」。米国は無関係なのだから我が国としては敢えてしゃしゃり出て行く必要性は全くない!!

 2月24日の朝日新聞は,”岩屋防衛相、訓練参加を表明 韓国側は「日本、不参加」
 岩屋毅防衛相は23日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の拡大国防相会議(ADMMプラス)の事務レベル会合に合わせ、4月29日から5月2日まで韓国・釜山沖で行われる海上共同訓練に海上自衛隊が参加することを表明した。一方、韓国国防省は22日に海自は参加しないと発表。日本側は戸惑いを見せている。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「岩屋毅防衛相は23日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の拡大国防相会議(ADMMプラス)の事務レベル会合に合わせ、4月29日から5月2日まで韓国・釜山沖で行われる海上共同訓練に海上自衛隊が参加することを表明した。」とあるが、これには参加する必要性はないのではないか。
 もちろん理由は旭日旗問題であるが、それだけなら米国の手前なかなか判断には窮するところである。
 しかしこの記事は有料記事だから全部は読めないのではっきりとは分からないが、この「海上共同訓練」の主催に米国は無関係だからである。
 そのことは次の報道を見ればよく分かる。

 2月23日のPars Todayは,”韓国国防省、「釜山沖共同訓練に日本の海自は不参加」
 韓国国防省が、「第2次世界大戦時の問題などをめぐる日本との対立の高まりを受け、日本海上自衛隊は釜山沖で行われる海上共同訓練への不参加を決定した」と発表しました。
 今回の海上共同訓練の第1段階は、韓国およびASEAN・東南アジア諸国連合の10カ国が参加して、今年4月29日から5月2日まで釜山沖で行われ、2段階目は5月9日から13日までシンガポールで実施されることになっています。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「今回の海上共同訓練の第1段階は、韓国およびASEAN・東南アジア諸国連合の10カ国が参加して、今年4月29日から5月2日まで釜山沖で行われ、2段階目は5月9日から13日までシンガポールで実施されることになっています。」とあるとおり、主催はあくまで「韓国およびASEAN・東南アジア諸国連合の10カ国」である。
 米国は最終的にはオブザーバー参加位はするかもしれないが、主催には無関係なのだから、我が国としては敢えてしゃしゃり出て行く必要性は全くない。

 「岩屋毅防衛相」はこれ位の政治的かけひきが出来ないようでは、大臣には不向きであると言わざるを得ない。
  1. 2019/02/24(日) 07:35:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【日本の解き方】経済停滞招いた需要創出不足" 日本経済の本質的問題点は輸出の増加よりも輸入の増加の方が大きくなっていることによる純輸出の数字の大幅な低下。その原因は中国や韓国の為替操作!! | ホーム | "河野外相「金剛山・開城工業団地の再開はできない」…韓日米連携に「冷や水」" 開城工業団地の再開反対は非常に評価できる。そこで生産された製品は「韓国産」として世界へ輸出されているから!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3778-0b07e9db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)