FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"【主張】拉致被害者 帰国実現へこの機逃すな" こんなお花畑の方策は全く無意味。拉致問題の解決の為にはやはり金王朝体制を打倒して北朝鮮の体制転換を図ることしかあり得ない!!

 3月3日の産経新聞は,”【主張】拉致被害者 帰国実現へこの機逃すな
 決裂に終わった米朝首脳会談で、トランプ米大統領は金正恩朝鮮労働党委員長に対し、拉致問題についての安倍晋三首相の考え方を伝えた。
 この機を逃してはならない。
 安倍首相と金正恩氏による日朝首脳会談を開催し、「拉致問題の解決なしに北朝鮮は未来を描くことはできない」とする日本の固い意志を突きつけ、被害者全員の帰国を実現させてほしい。
 米朝の会談が不調に終わり、制裁が継続している今こそ、拉致問題を動かす好機である。
 日本は、拉致問題の具体的な進展がなければ一歩も動かない。一切の見返りを与えない。この原則を金氏に納得させることでのみ、被害者の帰国に結びつけることができる。
 北朝鮮のような独裁国家を動かすには、トップの決断が不可欠である。
 北朝鮮の若い指導者が国際社会の仲間入りを果たしたいのであれば、拉致問題の解決は避けて通れない。その説得は、安倍首相の責務である。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「安倍首相と金正恩氏による日朝首脳会談を開催し、「拉致問題の解決なしに北朝鮮は未来を描くことはできない」とする日本の固い意志を突きつけ、被害者全員の帰国を実現させてほしい。」とあるが、こんなお花畑の方策は全く無意味である。
 理由は2つある。

 第1は「金正恩」は今さら言われなくともそんなことは十分分かっているだろうからである。
 しかし分かっていてもそうしないのは「金正恩」にとって重要なのは「北朝鮮」の未来ではなく自分の身の安泰だからである。

 第2はよしんばそれで何人かの帰国が実現したとして、それで我が国は納得できるだろうか。
 拉致被害者は全体で400人以上とも言われている。
 年齢的にはまだ半分以上の人々が生存している可能性がある。
 そうだとしたら、「拉致問題の解決」と言えるのはやはり我が国の代表団が直接乗り込んで北朝鮮国内を自由に隈無く調べ尽くした場合だけである。

 したがってこれらの理由から「拉致問題の解決」の為にはやはり金王朝体制を打倒して北朝鮮の体制転換を図ることしかあり得ない。
 そのためには米軍が斬首作戦を実行してくれるのが最も手っ取り早いが、それが無理なら北朝鮮に対する経済制裁を一層強化徹底し内部からの崩壊を待つしかない。

 安倍政権はそうした方向性のために何かやっているだろうか。
 例えば「瀬取り」についてもただ監視しているだけで、違反があっても何もそれに対応した提案をしていない。
 こんな姿勢では「拉致問題の解決」は全く無理である。
  1. 2019/03/03(日) 07:37:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"右翼団体代表の男を公務執行妨害容疑で逮捕 デモ接近阻止の機動隊員につかみかかる" 「在日本朝鮮留学生同盟」にデモの許可を与えた「東京都公安委員会」の姿勢もおかしい!! | ホーム | "三菱重の特許、差し押さえ申請へ" 問題は現金化が実行される時期であるが、三菱重工業が有する特許件数は100件以上あると報道されているからまだ2~3か月はかかるだろう!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3785-d51870f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)