FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"首相、日中関係「完全に正常な軌道に戻った」 " 言っていることが意味不明。権力行使が対内的に過ぎない日韓関係の方がまだ正常。安倍晋三首相がこんな頓珍漢なことを言っていられるのもトランプ候補が当選したから!!

 3月6日の産経新聞は,”首相、日中関係「完全に正常な軌道に戻った」 参院予算委で
 安倍晋三首相は6日午前の参院予算委員会で、日中関係について「完全に正常な軌道へと戻った日中関係を新たな段階へと押し上げていく」と強調した。また、「両国は地域の平和と繁栄に大きな責任を共有している」とした上で「昨年秋の訪中で習近平国家主席と互いに脅威とならないことを確認した」と述べた。
 中国の海洋進出に関しては「軍事活動を拡大、活発化させている。国防政策や軍事力の不透明性と相まって国際社会の安全保障上の強い懸念となっており、今後も強い関心をもって注視する必要がある」と語った。
 日韓関係については、慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要だとした韓国国会の文喜相議長の一連の発言について「甚だしく不適切で極めて遺憾だ。引き続き謝罪と撤回を求めていく」と重ねて述べた。いわゆる徴用工訴訟やレーダー照射問題などに関しても「(韓国への)国内の厳しい見方は当然だ。政府としては国際法に基づき毅然と対応していく」と語った。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「完全に正常な軌道へと戻った日中関係を新たな段階へと押し上げていく」とあるが、言っていることが意味不明である。
 というのは「国防政策や軍事力の不透明性と相まって国際社会の安全保障上の強い懸念となって」いることはどう考えても「正常」とは言えないからである。

 逆に「(韓国への)国内の厳しい見方は当然だ。」とある「日韓関係」の方がまだ「正常」である。
 というのは中国の権力行使が対外的であるのに比して、韓国の権力行使は対内的に過ぎないからである。
 要するに韓国とは関係を持たなければ不利益を被ることもないのであって、今さら韓国と経済関係を維持している日本企業の方が愚かなだけである。

 「安倍晋三首相」がこんな頓珍漢なことを言っていられるのも2016年11月の米大統領選でトランプ候補が当選したからである。
 もしヒラリー候補が当選していたら今頃、中国人民解放軍が尖閣諸島を占拠して安倍政権は八方塞がりの醜態を晒していただろう。
 その意味で「安倍晋三首相」は大変な強運の持ち主である。
  1. 2019/03/07(木) 00:21:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"「極めて深刻」菅義偉長官、三菱重の資産差し押さえ申請に" 本当に安倍政権が朝鮮半島に対し強い態度に出ざるを得なくなるのは国政選挙で自民党が大敗を喫する可能性がある場合。チャンネル桜が近々、結党すると表明している国民保守党に期待!! | ホーム | "ゴーン被告保釈、なぜ認められたのか 国際世論意識?" 刑事訴訟法の規定からは保釈は当然。争点整理など公判準備と逃亡防止や罪証隠滅防止とは無関係だから。2か月もあればどんな事件でも十分だろう!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3789-6a956dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)