FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"【主張】大阪ダブル選 建設的な議論こそ必要だ" そもそも大阪都構想の必要性が全く理解できない。県庁所在地の人口比率で大阪市は全都道府県の平均以下であり全く二重行政の弊害が生じるような客観的状況にはないから!!

 3月9日の産経新聞は,”【主張】大阪ダブル選 建設的な議論こそ必要だ
 醜いけんかはこれ以上見たくない。有権者のための真に建設的な議論がなければ、意義を見いだせない選挙である。
 松井一郎・大阪府知事と吉村洋文・大阪市長が辞職を表明した。立場を入れ替え、統一地方選に合わせて立候補する。
 大阪都構想の行き詰まりが原因である。2人が幹部を務める大阪維新の会は、大阪市をなくして特別区にする都構想を訴えてきた。府、市とも議会で過半数がない維新は公明党の協力を見込んでいた。
 だが、意見は合わず対立は逆に深まった。構想の制度設計を行う法定協議会は、やじと怒号が飛び交う場と化した。この事態をまずは双方で恥じ入るべきだ。
 知事、市長の立場が同じままでは、当選しても公職選挙法の規定で年内に再び選挙となる。入れ替えダブル選としたのは世間の批判を避けるためだろう。
 維新側には、2025年大阪・関西万博の誘致決定を追い風にダブル選を統一地方選にぶつけ、議会での議席増を狙う思惑があるのかもしれない。そうだとすれば党利党略でしかない。あるいは、選挙をちらつかせて公明の妥協を引き出す狙いが維新にあったのかもしれないが、これでは住民軽視といわれても仕方あるまい。
 万博誘致に成功したのだから府や市がやるべきことはたくさんある。その機運に水を差すことだけはないよう強く求めたい。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「松井一郎・大阪府知事と吉村洋文・大阪市長が辞職を表明した。」とあるが、なぜ両氏が「辞職」をする必要性があるのかさっぱり分からない。
 「構想の制度設計を行う法定協議会は、やじと怒号が飛び交う場と化した。」なら通常の手段は議会の解散である。
 しかし今回の場合、「統一地方選」があるから、解散の必要性はない。

 まさか本当に「維新側には、2025年大阪・関西万博の誘致決定を追い風にダブル選を統一地方選にぶつけ、議会での議席増を狙う思惑があるのかもしれない。」というような狙いはないと思うが、そんな大阪府民・大阪市民を小馬鹿にしたような党利党略はマイナスにしかならないだろう。

 そもそも当方は「大阪都構想」の必要性が全く理解できない。
 これは「大阪府」と「大阪市」の二重行政を簡素化する狙いがあると理解しているが、そもそも全都道府県の中で県庁所在地の比重を考えた場合、「大阪市」はそれほど大きくない。

 その比重を図る一番の要素は人口だと思うが、あるサイトに「県庁所在地の人口比率」という表題でそのランキングが出ている(リンクはこちら)。
 これを見ると「大阪市」は「30.7%」で第25位である。
 全都道府県の平均以下であり、全く二重行政の弊害が生じるような客観的状況にはないということである。
 もし現実にそのような弊害が生じているとしたら、それは大阪府知事と大阪市長が無能なだけである。

 ともあれ当方は大阪府民・大阪市民ではないので、大阪府民・大阪市民には良識ある選択を期待したい。
  1. 2019/03/10(日) 08:18:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"三菱重資産押収、欧州でも検討 挺身隊訴訟" 相手が嘘を吐いているとは決して言えない日本側の反論の仕方に問題がある。安倍政権のいい加減さが大きくクローズアップされることを期待!! | ホーム | "中国の国際観艦式に海自艦艇を派遣へ" 何とも暢気な話であるが岩屋毅防衛相を非難するのも酷。これまでに何度も尖閣問題を理由に対中外交を転換すべき機会があったのに歴代の自民党政権はそれらを無視してきたから!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3792-562d50f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)