FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

前回のエントリーの続き 韓国の場合もやはり我が国に不利益しかもたらさないと結論できる!!

 前回のエントリーの続きであるが、韓国ウォンについても調べておきたい。

 日韓の購買力平価は「世界の統計」によれば次のとおりである(リンクはこちら)。

3-11 世界の購買力平価と購買力平価による国内総生産(2017年)(1)
国(地域)購買力平価(1米ドル当たり各国通貨)(A)
日本99.594
韓国877.052

 これによれば適正な為替レートは、
 99.594円/ドル÷877.052ウォン/ドル=0.114円/ウォン
である。
 しかるに現実の為替レートはどれだけかというと、0.0986円/ウォンである(リンクはこちら)。

 このことはウォンの現実の為替レートが適正な為替レートに比べて、
 0.0986円/ウォン÷0.114円/ウォン=1/1.15
だから、1.15分の1の価値であることを意味している。
 これを見る限りウォンにおける現実の為替レートと適正な為替レートの乖離は人民元ほど大きくはない。

 しかし韓国の問題点は技術窃盗や我が国に擬態しての市場荒らしにあるので、やはり日韓間の貿易は我が国に不利益しかもたらさないと結論できる。
  1. 2019/04/15(月) 21:50:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<活動報告 4月16日枚方市議会議員選挙 川東大了候補 3日目応援 | ホーム | "河野外相、「中国は途上国の域越えた」と責任求める 北京でハイレベル経済対話" 2国間の貿易の最も基礎的な条件は為替レートだから、それが適正であるかまず議論されるべき。人民元の現実の為替レートは適正な為替レートに比べて1.7分の1の価値しかない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3829-69d790c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)