fc2ブログ
2019/05/23

"米中貿易戦争激化も…安倍政権の「立ち位置」が絶妙なワケ 米と認識共有の一方で中国と関係改善 長谷川幸洋「ニュースの核心」" これを「絶妙」と認識する感覚が理解できない。こんな不真面目なことをやっているから「貿易黒字9割減」のような事態に陥る!!

 5月18日のzakzakは,”米中貿易戦争激化も…安倍政権の「立ち位置」が絶妙なワケ 米と認識共有の一方で中国と関係改善 長谷川幸洋「ニュースの核心」
 米国と中国の貿易戦争が激化している。そんななか、日本の立ち位置が絶妙だ。安倍晋三政権は、ドナルド・トランプ米政権と対中認識を共有する一方、中国との直接対決は避けて、関係改善の機運を保っている。国際的な存在感が高まったからこそ可能になった離れ業、といえる。
 世界経済に暗雲を広げる米中対決は、日本の消費税引き上げ問題に直結している。日本の景気悪化も鮮明になった。いよいよ、増税延期とその後の衆参ダブル選に向けて、安倍首相の「決断の時」が近づいてきたのではないか。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「米国と中国の貿易戦争が激化している。そんななか、日本の立ち位置が絶妙だ。」とあるが、「ドナルド・トランプ米政権と対中認識を共有する一方、中国との直接対決は避けて、関係改善の機運を保っている」ことを「絶妙」と認識する感覚が理解できない。
 そうではなくもし米国が正しいと判断するなら我が国も米国に追随すべきだし、中国が正しいと判断するなら米国にそうした政策を中止するよう進言すべきである。
 こんな不真面目なことをやっているから、次のような事態に陥る。

 5月22日の日経新聞は,”貿易黒字9割減 4月604億円、中国向け輸出6.3%減少
 財務省が22日発表した4月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は604億円の黒字だった。3カ月連続の黒字だが、前年同月に比べると黒字幅は9割縮小した。前月と比べても9割ほど縮小した。注目された中国向け輸出は液晶デバイス製造向けの半導体等製造装置が低迷し、前年同月比6.3%減と落ち込んだ。これを受け、世界全体の輸出額も5カ月連続の減少となった。
 世界全体の輸出額は前年同月比2.4%減の6兆6588億円だった。中国向けの半導体等製造装置のほか、タンカーなど船舶輸出の減少が影響した。輸入額は6.4%増の6兆5983億円だった。イランからの原粗油のほか、中国からのパソコンや携帯電話の輸入が増えた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「3カ月連続の黒字だが、前年同月に比べると黒字幅は9割縮小した。」とあるが、もし米国に追随していれば、「輸入額は6.4%増の6兆5983億円だった。」のかなりの部分は帳消しにできるから、こんな事態にはならない。
 そもそも技術先進国を自負しているのに、「中国からのパソコンや携帯電話の輸入が増えた」とあるのがおかしい。
 これは我が国が長年、中国の不公正な為替レートを放置してきた報いである。

 とにかく「安倍晋三首相」のような事なかれ主義による無責任政治をモットーとする人物に政権を与えていては我が国の経済が回復することは絶対にあり得ない。

コメント

非公開コメント