FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"【主張】老後「2千万円」 厳しい現実に目背けるな" 野党はことさら不安をあおってはいないかとあるのはそのとおり。しかしそれ以前に公的年金はむしろ老後における所得再分配を阻害する有害な制度!!

 6月12日の産経新聞は,”【主張】老後「2千万円」 厳しい現実に目背けるな
 「老後資金は2千万円不足する」とした金融庁の報告書が波紋を広げている。野党が政権への攻撃材料として取り上げ、安倍晋三首相は「誤解を与えるものだった」と釈明した。
 報告書の趣旨は「人生100年時代」を見据えて国民が老後資金を確保する重要性を訴えたものである。不足額は現在の家計調査をもとに機械的に算出したものにすぎない。
 だが野党は、ことさらに公的年金と豊かな老後を送るための余裕資金を混同させ、不安をあおってはいないか。これが参院選を控えた戦術であるとすれば、あまりに不毛だ。これでは少子高齢化が加速する中で、国民の利益につながる老後のあり方について、建設的な論議など望みようがない。
 報告書は総務省の家計調査にもとづき、平均的な無職の高齢世帯(夫65歳、妻60歳以上)について「毎月の赤字額は約5万円」と試算し、「20年で約1300万円、30年で約2千万円の取り崩しが必要になる」と指摘した。
 不足額を「赤字」と表現したことについて政府は「誤解を招いて不適切だった」と釈明した。与党内からも問題視する声が上がり、麻生太郎金融担当相は報告書を受理せず、金融庁は事実上の撤回に追い込まれた。数字の独り歩きを招く表現は軽率だった。
 野党は報告書について「『100年安心』は嘘だったのか」と揚げ足取りに終始している。だが公的年金は元来、老後資金の全てを賄う設計とはなっていない。この大原則は民主党政権時も同様で、知らないはずはない。
 老後に必要な資金額を紹介し、自助努力を促すことは本来、当然のことである。
 公的年金は、現役世代が今の高齢世代を扶助する仕組みである。今後は高齢化が進むのに伴い、給付の抑制も予定される。現役世代にどこまで負担を求め、高齢世代への給付をどう抑えれば理解を得られるのか。今はその難しいかじ取りを迫られている。
 それだけに野党は、公的年金に対する無用な不信を広げるような言動は慎むべきである。政府・与党も報告書の撤回でお茶を濁し、少子高齢化で迎える厳しい現実から目を背けてはならない。年金の長期的な給付水準を示す財政検証を早期に示し、与野党で幅広い真摯な議論を進めるべきである。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「だが野党は、ことさらに公的年金と豊かな老後を送るための余裕資金を混同させ、不安をあおってはいないか。」とあるのはそのとおりである。
 しかしそのように付け入られる原因はもちろん与党側にある。

 第1に「報告書の趣旨は「人生100年時代」を見据えて国民が老後資金を確保する重要性を訴えたものである。」ということがそもそも不要である。
 政府がなすべきは「不足額は現在の家計調査をもとに機械的に算出」することではなくて、「健康で文化的な最低限度の生活」(憲法25条1項)を営むに足る「老後資金」を算出しそれを支給する仕組みを整えることである。

 第2に、とはいえ「国民が老後資金を確保する重要性を訴え」ることも別に間違っているわけではないので、「与党内からも問題視する声が上がり、麻生太郎金融担当相は報告書を受理せず、金融庁は事実上の撤回に追い込まれた。」は余計なことだった。
 与党としてはあくまで問題ないとして突っぱねるべきだったということである。

 しかしそれ以前に今回の問題を離れて当方が「公的年金」について考える最大の問題点は、「公的年金は、現役世代が今の高齢世代を扶助する仕組みである。」の嘘である。
 というのは国民年金にせよ厚生年金にせよ基本的には納付金額比例だから、「現役世代」云々は関係なく既得の権利として制度が構成されているからである。
 要するにもし本当に「現役世代が今の高齢世代を扶助する仕組み」であれば、納付金額は関係なく現在のGDPから機械的に割り出した額を年金財源としてそれを公平に分配するような制度になるはずだということである。

 そういう点で「公的年金」は現役時代の所得を老後も担保するものであり、むしろ老後における所得再分配を阻害する有害な制度だと当方は考えている。
 したがって「公的年金」のような過去の時代の遺物をいつまでも引きずっているから今回のようなゴタゴタが生ずるのだから、こんなものは直ちに廃止して最低賃金の引き上げなり負の所得税の制度化なりにより公正な所得分配制度の確立が急務だと考える。
  1. 2019/06/20(木) 08:50:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"韓経:【社説】日本の「失われた20年」を教訓にすべき財政拡張政策=韓国" 記事の本文自体は陳腐な内容だが、面白いのはこれに対する嫌韓日本人のコメント。韓国は批判したいが財政拡大は否定できないわということで、彼らの批判は「資金と技術」に集約されているよう!! | ホーム | "北朝鮮船「瀬取り」の疑い 海自が東シナ海で確認" 問題はこの小型船舶がどこの船籍かということ。米国はやはり中国だと考えているようだが、主犯は韓国ではないか!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3894-c5cea769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)