fc2ブログ
2019/07/30

"丸山氏、N国入り表明 入党要請受け入れ" なかなか面白い試みであるが、余り意味があるとは思えない。立花孝志代表がなすべきは「反日的な報道」の内容と原因を明らかにすること!!

 7月29日の産経新聞は,”丸山氏、N国入り表明 入党要請受け入れ
 参院選で初議席を得たNHKから国民を守る党の立花孝志代表は29日午後、無所属の丸山穂高衆院議員と国会内で会談した。立花氏が25日に求めていたN国への入党要請について、丸山氏は受け入れる意向を表明した。両氏が会談後、そろって記者会見して明らかにした。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「立花氏が25日に求めていたN国への入党要請について、丸山氏は受け入れる意向を表明した。」とあるのはなかなか面白い試みであるが、余り意味があるとは思えない。
 自民党に与える影響が軽微だからである。
 別の記事に「N国党が連携を期待する国会議員」という一覧表があるが、この中で自民党に関係した人物と言えば、次の1人だけである(リンクはこちら)。

石崎徹 自民党 「パワハラ」で党新潟県連が離党勧告・除名を要請

 こんな地元から「離党勧告・除名」を受けている人物に声をかけてもマイナスにしかならないだろう。

 こんなことより「立花孝志代表」がなすべきはなぜ「NHKをぶっ壊す」べきなのか理由を明確にすべきことである。
 同党のHPには「NHK」の問題点として次の3点が上げられている(リンクはこちら)。

NHKからの3つの被害

①経済的被害者【受信料支払い者 約50%】
支払い者【不払い者の分まで支払わされている】
現在50%しか払っていないので月額2,220円、全員が支払えば月額1,110円に【年間26,640円が13,320円になる】

②精神的被害者【受信料不払い者 約50%】
24時間体制でやって来るNHK集金人【反社会勢力関係者も多数在籍】からの脅迫行為や裁判の被告になってしまうかも?という不安による精神的被害

③情報的被害者
★公共放送なのに国営放送のような放送をされている。
★反日的な報道をされている。
★福島第1原発の放射能漏れの真実を約2ヶ月間報道しなかった。
★NHK受信料制度の紹介番組を制作していない。
★野球賭博や八百長をしている大相撲を年間30億円の放送権料を支払って中継している。


 ①と②については「受信料」に関することであり、これについては確かにニート的人物からは支持も大きいだろうが、「現在程度の負担水準であればやむを得ない」と考えている国民もまた少なくないだろう。
 したがって自民党からは簡単にあしらわれる結果となる。

 結局、「立花孝志代表」が大きく問題にすべきは③であるが、この中で頷けるのは「反日的な報道をされている。」だけである。
 しかも内容と原因は明らかにされておらず、取って付けたかのような形である。
 これでは「受信料」以外の「NHK」の問題点が国民に明確に伝わることは期待できない。

 こんなことは誰が見てもそう思うだろうが、「立花孝志代表」が意識してそうしているのは何故なのか。
 この点は「立花孝志」という人物の素性と関係しているのかもしれないが、はっきりした答えは出ていない。

コメント

非公開コメント