FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"韓国、日本に対抗措置 優遇国除外、対立泥沼化" これは全然対抗措置にならないから韓国としては何か新たな手を考えなければならない。そこで期待するのが文在寅大統領による「日韓慰安婦合意」の破棄宣言!!

 8月2日の共同通信は,”韓国、日本に対抗措置 優遇国除外、対立泥沼化
 日本政府は2日、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定した。韓国の文在寅大統領は臨時閣議を開き「非常に無謀な決定だ」と異例の強い言葉で非難し、日韓対立は泥沼化した。文政権は日本に決定撤回を要求した上で、韓国政府の輸出管理のホワイト国からも日本を除外し、日本を世界貿易機関(WTO)に提訴する準備を加速させる対抗措置を取ると表明した。
 文氏の発言に対し、日本政府は安全保障を目的とした正当な措置だとして取り合わない構えだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「韓国政府の輸出管理のホワイト国からも日本を除外し、日本を世界貿易機関(WTO)に提訴する準備を加速させる」とあるのは我が国としては痛くも痒くもない。
 そうなるとこれは全然「対抗措置」にならないから韓国としては何か新たな手を考えなければならないだろう。

 考えられるのはやはり在米韓国人を動員しての慰安婦問題における様々な嫌がらせではないか。
 これは韓国政府が直接行動するのではないから、理屈の上では「日韓慰安婦合意」の違反には当たらない。
 ただそうは言っても最終的に何らかの取引材料を提案しようとすればやはりどうしても邪魔になってくるだろう。

 そこで期待するのが文在寅大統領による「日韓慰安婦合意」の破棄宣言である。
 なぜそれを期待するかと言えば、いつも書いているように、我が国としては韓国が「日韓慰安婦合意」の破棄を主張し、我が国はそれを逆手に取って「在日韓国人法的地位協定」と「在日韓国人法的地位覚書」の破棄を主張する展開が望ましいからである。
 在日問題を解決するにはそういう展開しか今のところ考えられない。

 当方は安倍政権がそんな展開に韓国を追い込めるとは露とも思わなかったが意外にその可能性が出てきた。
 期待して当面の成り行きを見守りたい。
  1. 2019/08/03(土) 00:09:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"抗議は想定したが「制御不能に」 慰安婦像展示の津田大介氏" 表現の自由を規制する実定法は刑法の名誉毀損罪だけ。問題は「真実」であるかどうかに絞られる。この「少女」はローティーンではないか!! | ホーム | "韓国女子2チームが不参加 札幌のカーリング国際大会" 望ましい動きだが断交の本質は経済関係の断絶。期待するのはもちろんホワイト国からの除外だが韓国の反日は擦り寄る反日。むしろ人の往来を制限する方が有効!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3938-086181e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)