FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"抗議は想定したが「制御不能に」 慰安婦像展示の津田大介氏" 表現の自由を規制する実定法は刑法の名誉毀損罪だけ。問題は「真実」であるかどうかに絞られる。この「少女」はローティーンではないか!!

 8月3日の産経新聞は,”抗議は想定したが「制御不能に」 慰安婦像展示の津田大介氏
 「抗議の殺到で中止せざるを得なくなることも予想していたが、決定は断腸の思い」。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、元慰安婦を象徴する少女像などを展示した企画展の中止が決まった。芸術監督を務めた津田大介氏は3日の記者会見で「日韓関係の悪化など非常に悪いタイミングが重なった。制御不能になってしまった」と無念さをにじませた。
 中止が決まった「表現の不自由展・その後」は作品を撤去や公開中止となった経緯とともに展示し表現の自由についての議論を喚起することが企画の趣旨で、事務局側も当初から一定の反発を想定していた。
 津田氏は、開幕前の7月31日には「まずは見に来て、その上で判断してほしい」と自信を見せていた。しかし、この日の会見では中止の要因を「物議を醸す企画を公立美術館でやることに意義があると思ったが、内容が劇薬過ぎた」と語った。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、元慰安婦を象徴する少女像などを展示した企画展の中止が決まった。」とあるのは朗報であるが、理由が「抗議の殺到」というのでは今後も同種の悪質な試みが繰り返される恐れがあるから、ここはきっちりと理屈を整理しておかなければならない。

 「表現の自由」の根拠はもちろん憲法21条である。

第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。


 しかしこの「表現の自由」ももちろん無制限ではなく、それを規制しているのは憲法12条である。

第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

 この「公共の福祉」にはもちろん様々な憲法学説が存在するが、そんなものは頼りにならない。
 頼りに出来るのは実定法のみである。
 当方の知る限り、「表現の自由」を規制する実定法は刑法の名誉毀損罪だけである。

(名誉毀損)
第二百三十条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
2 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。
(公共の利害に関する場合の特例)
第二百三十条の二 前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。


 我々が扱う題材はほとんどの場合、「公共の利害に関する事実」だから問題は「真実」であるかどうかに絞られる。

 さて最初の記事に戻るなら、問題は「元慰安婦を象徴する少女像」が「真実」かどうかである。
 例の有名な新聞による募集広告では「年齢 17歳以上23歳まで」及び「年齢18歳以上30歳以内」とある(リンクはこちら)。
 したがって「17歳」の慰安婦が存在していたことは間違いない。

 そこでこの「少女」の年齢がいくつかであるが、昔と今では「少女」の外見も相当異なるから難しいが、今の感覚ならやはりローティーンではないだろうか。
 そういう点では「真実」ではないと判断しても間違いではないと思う。
  1. 2019/08/04(日) 08:06:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"三菱電機など日本企業に追徴金 自動車部品の談合で=韓国公取委" 韓国の措置を言い掛かりだと批判することは困難。我が国の中には「談合」を美徳のように言う人達もいるが、そのような価値観は国際社会では全く通用しない!! | ホーム | "韓国、日本に対抗措置 優遇国除外、対立泥沼化" これは全然対抗措置にならないから韓国としては何か新たな手を考えなければならない。そこで期待するのが文在寅大統領による「日韓慰安婦合意」の破棄宣言!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3939-0e829bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)