FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"北朝鮮、迂回輸出か 韓国制裁の船が日本に8回寄港" 国連安保理の制裁決議がまだなされていないとすれば、安倍政権としても積極的に安保理に決議を提案する必要があるだろう!!

 8月20日の日経新聞は,”北朝鮮、迂回輸出か 韓国制裁の船が日本に8回寄港
 北朝鮮産の石炭の不正輸入に関わったとして2018年8月に韓国が入港禁止措置をとった貨物船3隻が、その後1年間で日本に少なくとも計8回寄港したことが分かった。国連が北朝鮮の石炭輸出を禁じるなか、制裁違反に使われた船が日本を訪れ、前後にはロシアや中国の港に入っていた。北朝鮮が制裁逃れの迂回輸出に日本の港を利用している恐れがある。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「北朝鮮産の石炭の不正輸入に関わったとして2018年8月に韓国が入港禁止措置をとった貨物船3隻が、その後1年間で日本に少なくとも計8回寄港したことが分かった。」とあることについてはすでに7月18日のエントリーで韓国の「日本、北密輸貨物船入港も適切な措置取らず」という報道を取り上げたところである(リンクはこちら)。
 その際には、「なぜ我が国が「日本は適切な措置を取らず『国内法の不備』を理由に出入港を許容している」という状況にあるのかは一言で言えば、「証拠が見つからない」ということなのだろうが、「国連専門家パネル」が「捜査中」ということだけで「国内入港禁止措置」を取るべき理由は十分にあると言える。」と書いたところである。
 今回改めて調べてみると、やはり平成31年1月30日の衆議院本会議で次のような質議があった(リンクはこちら)。

○玉木雄一郎君 国民民主党代表の玉木雄一郎です。
 昨年八月、韓国政府は、国連禁輸品の北朝鮮産の石炭を韓国に密輸することに加担していたとして、外国籍貨物船四隻の入港を禁止しました。一旦ロシアのサハリン港に寄って、ロシア産として韓国の港に運んだケースです。
 しかし、実は、これら四隻の船は、日本の港には自由に出入りしています。国連制裁違反貨物船舶が、何らの制裁を受けることなく日本の港に入港しています。日本には実効性ある形で取り締まる国内法がないために、韓国でさえできている国連制裁の執行ができていないのです。なぜ放置したままなのか。
 安倍総理、北朝鮮に対して威勢のいいことを言うばかりではなくて、制裁逃れを許さないよう、穴を埋める法整備を急ぐべきではないでしょうか。総理の見解を伺います。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 玉木雄一郎議員にお答えをいたします。
 対北朝鮮措置についてお尋ねがありました。
 御指摘の四隻の船舶が我が国の港に入港した際には、関係法令に基づき関係省庁が立入検査を実施してきており、これまでに、北朝鮮産石炭の運搬や国内法令に違反する事実は確認されていません。
 その上で申し上げれば、我が国は、国連安保理の決議等で制裁措置の対象となっている船舶に加え、北朝鮮籍船舶及び北朝鮮に寄港歴のある船舶に対しても入港禁止措置を講じてきているところでありますが、今後とも、安保理決議の完全な履行及び実効性の観点から、我が国における対北朝鮮措置のあり方について不断の検討を続けてまいります。


 安倍晋三首相の答弁からすれば該当船舶は、
①「国連安保理の決議等で制裁措置の対象となっている船舶
②「北朝鮮籍船舶
③「北朝鮮に寄港歴のある船舶
のいずれにも該当しないということである。
 このうち②は単なる客観的事実だからどうしようもないが、①と③はそれ以降も何ら事実の変化はないのだろうか。
 特にもし①がまだなされていないとすれば、安倍政権としても積極的に安保理に「決議」を提案する必要があるだろう。
  1. 2019/08/21(水) 07:02:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"関係悪化で韓国訪日客7・6%減 災害の昨年からさらに悪化" そもそも観光立国という近年の社会風潮がおかしい。本来我が国は物づくり大国。戦後の「サンドバッグ国家」から戦前の「自存自衛大国」に回帰すべき!! | ホーム | "日本半導体メーカー大手4社、韓国に反ダンピング攻勢" どうやら4社は調査申請をしなかったようであるが、これにはやはり日韓関係の特殊性が災いしたと考えるほかない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3956-4f5cd63a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)