FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"【主張】竹島の軍事演習 対韓制裁を検討すべきだ" この主張にはもちろん賛成だが、「GSOMIA」破棄批判は竹島問題を理由とする韓国制裁とは全く主張に一貫性がない!!

 8月27日の産経新聞は,”【主張】竹島の軍事演習 対韓制裁を検討すべきだ
 韓国が、不法占拠している竹島(島根県隠岐の島町)とその周辺で、昨年のおよそ倍の規模となる軍事演習を行った。
 竹島は日本固有の領土だ。侵略した韓国には竹島に居座る権利など全くない。そのうえ軍事演習までするとは到底容認できない。一日も早く竹島から出て行くべきだ。
 日本政府は、韓国がレーダー照射をしても、GSOMIAを破棄しても、竹島で軍事演習をしても抗議するばかりだ。「仏の顔も三度まで」という。韓国の異常な行動にはペナルティーが必要だ。制裁を検討すべきではないか。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「韓国の異常な行動にはペナルティーが必要だ。制裁を検討すべきではないか。」とあることには当方ももちろん賛成である。
 昨日のエントリーでも、「日本政府は「竹島は日本固有の領土。訓練は到底受け入れられず、極めて遺憾だ」として外交ルートを通じて中止を強く求めたが、韓国側は「主権と領土を守る訓練だ」と拒否した。」とあることに対しては我が国の正当な要求が一方的に拒否されたのだから、我が国としてはしかるべき対抗措置を取るべきである。」と書いたとおりである。
 しかし産経新聞がそのような主張をするのは次の論説と整合性はあるだろうか。

 8月23日の産経新聞は,”【主張】韓国の協定破棄 北朝鮮を喜ばせる愚挙だ
 韓国の文在寅政権が、24日の更新判断期限を前に日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると発表した。
 これにより、日韓両国が北朝鮮による弾道ミサイル発射など、軍事上の機密情報をやり取りする枠組みが失われる。
 GSOMIAは米国を扇の要とする日米、米韓両同盟の抑止力を高めるもので、日米韓3カ国の安全保障協力の基盤だった。
 北朝鮮に核・ミサイル戦力を放棄させなければならないのに、破棄はそれに逆行する。日米、米韓同盟の不安定化を望む北朝鮮や中国を喜ばせる愚挙で、極めて遺憾だ。日本政府が文政権に抗議したのは当然である。
 北東アジアの安全保障に責任を果たすつもりなら文政権は翻意し、協定を更新すべきだ。
 安全保障を含む日韓関係全体が後退するにとどまらない。核兵器を持つ北朝鮮から韓国を守っている同盟国米国の説得も文政権は無視した。米政府が失望し、米韓同盟にヒビが入りかねない。日本は、朝鮮半島情勢の不安定化に備える必要がある。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「GSOMIAは米国を扇の要とする日米、米韓両同盟の抑止力を高めるもので、日米韓3カ国の安全保障協力の基盤だった。」とあるが、我が国固有の領土を不法占拠している国と「安全保障協力」をしていることがそもそも矛盾している。
 また「日米、米韓同盟の不安定化を望む北朝鮮や中国を喜ばせる愚挙で、極めて遺憾だ。」とあるが、「米韓同盟の不安定化」は竹島奪還の好機であり、我が国にとっても喜ぶべきことである。
 したがって「日本は、朝鮮半島情勢の不安定化に備える必要がある。」とあるが、我が国はそのように悲観的に捉えるのでなく、むしろ内心ほくそ笑んでいればいい。

 要するに「GSOMIA」破棄批判は竹島問題を理由とする韓国制裁とは全く主張に一貫性がない。
 我々真正保守勢力は「GSOMIA」破棄を双手を以て歓迎している。
  1. 2019/08/27(火) 10:12:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<池田 信夫"日韓基本条約は破棄できるか" 問題は特別永住後に帰化した者の取扱い。法律的に言えば両者に論理的な繋がりはないが、特別永住権剥奪の取扱いをするならば、帰化者に対しても同じ取扱いにしなければ不平等!! | ホーム | "韓国軍が竹島上陸を公開 文政権で初、対日報復の一環" 我が国の正当な要求が一方的に拒否されたのだから我が国としてはしかるべき対抗措置を取るべき。正式に日韓漁業協定を破棄し、やむを得ず再締結するとしても「暫定水域」は最小限の範囲にとどめるべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3962-1f1396d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)