FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"米軍と韓国軍が合同演習で対立「文政権への不信みなぎる」" 日米安保条約は米韓相互防衛条約と同じ規定であるのに日米の間で同じ議論が生じないのはなぜなのか。米韓は停戦協定を過剰に意識し過ぎ!!

 9月5日のzakzakは,”米軍と韓国軍が合同演習で対立「文政権への不信みなぎる」
 8月に米韓が行った合同軍事演習の際、作戦指揮権を巡って両軍に対立が生まれていたことが、韓国メディアの報道から分かった。
 米韓は先月、「後半期連合指揮所演習」を実施した。これは、2020年代半ばに予定されている戦時作戦統制権(統制権)の韓国軍への移管を控え、韓国軍の統制権行使能力を検証するために行われたものだ。
 韓国は、朝鮮戦争が勃発した1950年に、統制権を米国のマッカーサー国連軍司令官に移譲した。その後も国連軍司令官を兼ねる在韓米軍司令官が統制権を掌握しており、韓国は戦時に自国軍を指揮できない状態が続いている。
 統制権の移管自体は、廬武鉉政権とブッシュ政権の間で合意されている。ただ、政治的には合意されていても、軍の現場ではそう簡単に事は運んでいない。統制権が韓国軍に移れば、戦時に在韓米軍が韓国軍の指揮を受ける場面も出てくるわけだが、兵士たちの命がかかる場面で、世界最強の米軍が自分より小さくて弱い韓国軍の指揮を甘んじて受けるとは想像しにくい。
 今回の指揮所演習に際して生じた対立の構図はやや複雑だ。いちばん要点を突いていると思える報道は、朝鮮日報(日本語版)4日付記事の次の一節だ。
 〈韓国政府の関係者は「韓国軍は、戦争が起きたら停戦協定が破棄されたものと見なし、移管された統制権を完全に行使する考え」だとしつつ「逆に米軍は『戦争勃発は停戦協定の破棄ではなく違反と見ることができるので、国連軍司令官の権限が一定の部分存在する』と主張した」と語った。〉
 つまりは停戦協定が生きている限り、国連軍司令官(在韓米軍司令官)の役割は残っており、当然、韓国軍の作戦指揮にも関与できる、というのが米国の主張だろう。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「8月に米韓が行った合同軍事演習の際、作戦指揮権を巡って両軍に対立が生まれていたことが、韓国メディアの報道から分かった。」とあるが、日米の間で同じ議論が生じないのはなぜなのだろうか。

 日米の場合は具体的にどうかと言えば、それは日米安保条約5条に明確に規定されており、次のとおりである(リンクはこちら)。

第五条 各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。

 両国の行動を規定する要件は、「自国の憲法上の規定及び手続に従」うことである。
 つまりは法的には別個に動くということである。

 では米韓の場合はどうなっているかと言えば、米韓相互防衛条約3条は次のとおり定める(リンクはこちら)。

第三条 各締約国は、現在それぞれの行政的管理の下にある領域又はいずれか一方の締約国が他方の締約国の行政的管理の下に適法に置かれることになつたものと今後認める領域における、いずれかの締約国に対する太平洋地域における武力攻撃が自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。

 「自国の憲法上の手続に従つて」とあるから、内容は日米と同じである。

 両者の違いとして1つ考えられる理由は「その後も国連軍司令官を兼ねる在韓米軍司令官が統制権を掌握しており、韓国は戦時に自国軍を指揮できない状態が続いている。」とあるから、米韓の場合は米軍が「国連軍」という資格からだろう。
 しかしそれはあくまで建前であって実態は米国の単独軍なのだから、やはり余り両者に違いはないように思える。

 したがって、「韓国政府の関係者は「韓国軍は、戦争が起きたら停戦協定が破棄されたものと見なし、移管された統制権を完全に行使する考え」だとしつつ「逆に米軍は『戦争勃発は停戦協定の破棄ではなく違反と見ることができるので、国連軍司令官の権限が一定の部分存在する』と主張した」と語った。」とあることに対しては、両者とも「停戦協定」を過剰に意識し過ぎであり、実際には日米と同じ結論になるのではないかと予想される。
  1. 2019/09/07(土) 05:41:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"独、中国に投資増促す 首脳会談" 「米中対立」が激化する中でこのような発言をするのは驚き以外の何物でもない。とにかくドイツにせよ日本にせよ為替操作とダンピングの権化である中国とはできるだけ経済関係を縮小させるのが正解!! | ホーム | "韓国LGディスプレー、高純度フッ化水素の「国産化成功」報道に疑問の声" 日本人がなすべきはそんな嫌味を言うことではなく、なぜ我が国が素材を供給し韓国が製品を製造するというようなおかしな構造になっているかその原因を考えること!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3973-dfd49039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)