FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"茂木敏充氏は対韓強硬派? 内閣改造で外相起用が有力視" 対韓国の課題は交渉技術ではなく歴史認識や思想の問題、あるいはもっと言えば在日勢力と対決する勇気や覚悟の問題。河野外相留任、茂木防衛相の方が良かったのでは!!

 9月9日の時事ドットコムは,”日韓、安易な妥協排除を=自民・加藤氏
 自民党の加藤勝信総務会長は9日、大阪市で開かれた党大阪府連会合で講演し、元徴用工問題などをめぐり悪化した日韓関係に関し、「いたずらに答えを出しても長続きしない」と指摘した。根本的に解決を図るなら、韓国側と安易に妥協すべきではないとの考えを示したものだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「根本的に解決を図るなら、韓国側と安易に妥協すべきではないとの考えを示したものだ。」とあるのは素晴らしい主張である。
 次も同じである。

 9月8日の時事ドットコムは,”関係悪化「韓国に全責任」=菅官房長官
 菅義偉官房長官は8日のテレビ朝日の番組で、悪化する日韓関係について「関係がこんなにこじれてきたのは全て韓国に責任がある」と強調した。菅氏は1965年の日韓請求権協定を挙げ、「裁判所を含め全ての国家機関は順守しないといけないのが基本だが、(韓国政府は)そこを踏み外してきている」と指摘した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「菅義偉官房長官は8日のテレビ朝日の番組で、悪化する日韓関係について「関係がこんなにこじれてきたのは全て韓国に責任がある」と強調した。」とあるのは大いに評価できる。
 しかし現実に安倍政権の方向性はどうか。

 9月9日のzakzakは,”茂木敏充氏は対韓強硬派? 内閣改造で外相起用が有力視 前横浜市長・中田宏氏が語る人物像
 安倍晋三首相が11日に行う内閣改造で、茂木敏充経済再生相の外相起用が有力視されている。これを、文在寅大統領率いる韓国が身構えているようだ。「対韓強硬派だから」という理由のようだが、本当にそうなのか。日本新党時代から茂木氏を見てきた、前横浜市長の中田宏氏に聞いた。
 中田氏は「日本政府は『ボールは韓国側にある』として、原理・原則通りに対応している。茂木氏が外相になれば、硬軟織り交ぜ、タフな対応をするはず。日韓関係が戦後最悪といわれるからこそ、タフ・ネゴシエーター(手ごわい交渉相手)である茂木氏の起用は、実にいい人選だ」と期待を寄せている。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「日韓関係が戦後最悪といわれるからこそ、タフ・ネゴシエーター(手ごわい交渉相手)である茂木氏の起用は、実にいい人選だ」と期待を寄せている。」とあるが、対韓国の課題は「交渉」技術ではなく「歴史認識」や「思想」の問題、あるいはもっと言えば在日勢力と対決する「勇気」や「覚悟」の問題である。
 果たして「茂木敏充経済再生相」にそんなものがあるかと言えば、これまでのところはその片鱗は窺えない。

 「茂木敏充経済再生相」の対米交渉を評価するなら、河野外相は留任として「茂木敏充経済再生相」を防衛相に据える方が良かったのではないか。
  1. 2019/09/10(火) 02:41:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"島根知事がN国・丸山氏批判 竹島巡る戦争発言「的外れ、不謹慎な発言」" これは全くの間違い。「国際紛争を解決する手段として」の文言は不戦条約にも存在しており自衛戦争を排除するものでないから!! | ホーム | "年内妥結、予断許さず=新たな合意なし-RCEP閣僚会合" TPPとの相違は中国やインドが入っているだけ。我が国はRCEPをTPPへ一本化するリーダーシップを発揮すべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3976-b65993e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)