FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"韓国造船業「復活」の兆し…受注量、4カ月連続世界1位" 復活の原因はもちろん「違法な金融支援」つまり補助金。我が国ものんびりとWTOの結果を待っているのではなく直ちに韓国に対して対抗措置を発動すべき!!

 9月9日の中央日報日本語版は,”韓国造船業「復活」の兆し…受注量、4カ月連続世界1位
 韓国造船業は「復活」に近づいているのだろうか。先月、世界の船舶受注物量をほぼ独占しながら造船業受注量が4カ月連続世界1位を記録した。
 韓国産業通商資源部が8日に発表した「8月の造船業受注実績および雇用動向」によると、先月における世界全体の船舶発注100万CGT(標準化物換算トン数)のうち韓国は73.5%に達する73万5000CGTを受注した。日本・中国が自主的に発注(注文)と受注した物量を除くと世界発注物量の大部分を韓国の造船会社が獲得したものと分析される。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「韓国造船業は「復活」に近づいているのだろうか。」とあるのはそのとおりであるが、その原因についてはこの記事には記載されていない。
 それはもちろん次のとおりである。

 2018年11月14日のロイターは,”日本、韓国をWTOへ提訴 造船会社への金融支援で
 日本政府は、韓国が造船会社に対し違法な金融支援を行ったとして世界貿易機関(WTO)に提訴した。13日に公表された訴状で明らかになった。
 日本政府の訴えによると、韓国は、造船業者が持続不可能な低価格で長期にわたり事業を継続できるよう、直接融資などの「製造者支援」を含む一連の支援策を実施。船舶需要が比較的低い時期などに販売促進を支援するため、造船業者とその顧客に対し「販売支援」を行ったという。
 日韓両国は今後2国間で60日間の協議を行うが、問題が解決されない場合、裁判の一審に当たる紛争処理小委員会(パネル)の設置をWTOに求め、審理される。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「復活」の原因はもちろん「違法な金融支援」つまり「補助金」である。
 問題は「裁判の一審に当たる紛争処理小委員会(パネル)の設置をWTOに求め、審理される」に時間がかかり過ぎることである。
 これが「セーフガード」ならただちに対抗措置が可能である。
 経済産業省の資料には次のとおりある(リンクはこちら)。

GATT第19条は、セーフガード措置を発動しようとする輸入国に対し、輸出国との事前協議義務を課し(同条第2項)、協議が整わないまま措置が発動される場合は、輸出国がそれに対抗して当該輸入国に対する関税率引上げ等を行うリバランス措置(「実質的に等価値の譲許・・・の適用」の停止)を発動することを認めている(同条第3項)。
(注3 GATT第19条に基づく輸出国の「実質的に等価値の譲許・・・の適用」の停止は、一般に「対抗措置」と呼ばれることも多いが、本書では、DSU第22条2に基づくDSBの承認を経た譲許停止(第Ⅱ部第17章1(7)参照)と区別するため「リバランス措置」と称する。)



 このような「リバランス措置」は他の分野には用意されていない。
 しかしそれはおかしいのであってあらゆる分野に民事訴訟の仮処分のような制度が必要である。、

 こうしたことから「WTO」の改革の声が上がっているのであるが、官僚組織の「WTO」に任せていても埒は空かない。
 現実に米中経済戦争などでは「WTO」の規定など無視して対抗措置の応酬となっている。
 したがって我が国ものんびりと「WTO」の結果を待っているのではなく、直ちに韓国に対して対抗措置を発動すべきである。
  1. 2019/09/13(金) 07:46:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<"「在韓国連軍は障害物」韓国・文政権ブレーンが“反米”発言連発!…トランプ氏、怒りの圧力へ" 当方に言わせれば当然の発言。たとえ南北の間で戦闘が起ころうともそれは内戦に過ぎないのだから、第3国は放っておけばよいだけ!! | ホーム | "東電「全面復旧は13日以降に」" 通常、停電時には「逆送」により思いのほか早く復旧されるのに、なぜ東京電力はこのようにもたもたしているのだろうか。日頃から千葉県内における設備状況が脆弱であったと言わざるを得ない!!>>

コメント

お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
  1. 2019/09/14(土) 08:15:28 |
  2. URL |
  3. omachi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3979-97e60dd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)