FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"「在韓国連軍は障害物」韓国・文政権ブレーンが“反米”発言連発!…トランプ氏、怒りの圧力へ" 当方に言わせれば当然の発言。たとえ南北の間で戦闘が起ころうともそれは内戦に過ぎないのだから、第3国は放っておけばよいだけ!!

 9月13日のzakzakは,”「在韓国連軍は障害物」韓国・文政権ブレーンが“反米”発言連発! 半島“赤化統一”に向けて暴走…トランプ氏、怒りの圧力へ
 「韓米同盟を生かそうとして南北関係がダメになっている」「南北関係で最大の障害物は、国連軍司令部なのだ」「韓国国民が(実態を)知れば『国連軍司令部は撤収せよ』というはずだ」
 韓国の文正仁統一外交安保特別補佐官は9日、高麗大学で講演し、こう語ったという。朝鮮日報(日本語版)が伝えた。高麗大学といえば、文大統領の最側近、「タマネギ男」ことチョ国法相の娘が不正入学した疑惑が浮上している大学でもある。
 文大統領ブレーンの発言を、トランプ政権はどう受け止めるのか。
 韓国事情に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「トランプ政権は、『米韓同盟破棄』に暴走する文政権に怒っている」といい、続けた。
 「正仁氏は、文大統領が表で言えない本音を代弁している。トランプ政権は正仁氏を危険視しており、韓国大統領府(青瓦台)が最近、正仁氏の駐米大使起用を非公式に打診したが、拒否した。米国は、在韓米軍の指揮権は失っても、国連軍司令部は手放さないだろう。今後、さまざまな形で圧力をかけるはずだ。いずれ文政権は被害者ヅラして、泣きわめくのではないか。それが文政権の行く末だ」
”と報道した(リンクはこちら)。


 「「韓米同盟を生かそうとして南北関係がダメになっている」「南北関係で最大の障害物は、国連軍司令部なのだ」「韓国国民が(実態を)知れば『国連軍司令部は撤収せよ』というはずだ」」とあるのは当方に言わせれば当然の発言である。
 同一民族である南北の一方にだけ軍隊を置いていることはどう考えてもおかしいからである。
 たとえ南北の間で戦闘が起ころうともそれは内戦に過ぎないのだから、第3国は放っておけばよいだけである。
 おそらくすぐにその馬鹿馬鹿しさに我に帰り停戦に至るだろう。

 したがって「韓国事情に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「トランプ政権は、『米韓同盟破棄』に暴走する文政権に怒っている」といい、続けた。」とあるのは全く理解できない。
 上記のように「在韓米軍」の存在自体が不合理なことであり、したがってその撤退は「トランプ大統領」の選挙公約でもあるのだから、喜びこそすれ怒る理由がないからである。

 また「米国は、在韓米軍の指揮権は失っても、国連軍司令部は手放さないだろう。」とあるのも意味が分からない。
 「在韓米軍の指揮権」を失うような事態になれば「在韓米軍」は撤退するだろうし、そうなれば「国連軍司令部」も実体を失うからである。

 とにかく我が国にとっては「在韓米軍」の撤退は非常に望ましい事態であり、できるだけそれを日本国内で取り込めるよう安倍政権は隠密理に内外との交渉を活発化させる必要がある。
  1. 2019/09/14(土) 07:24:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"徴用工判決に茂木外相「国際法違反の状態、一刻も早く是正を」" これは韓国側への反論にはなっていない。というのは韓国もそのことは理解しているがその上で徴用工への損害賠償は日韓請求権協定には含まれていなかったと主張しているから!! | ホーム | "韓国造船業「復活」の兆し…受注量、4カ月連続世界1位" 復活の原因はもちろん「違法な金融支援」つまり補助金。我が国ものんびりとWTOの結果を待っているのではなく直ちに韓国に対して対抗措置を発動すべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3980-6138d925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)