FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"日本の輸出規制の不当性指摘 輸出管理に関する国際会合で=韓国政府" 経済産業省は相変わらず「不適切な事案」と言っているだけであり、これでは「一方的かつ恣意的」と言われてもやむを得ない!!

 9月29日の聯合ニュースは,”日本の輸出規制の不当性指摘 輸出管理に関する国際会合で=韓国政府
 韓国の産業通商資源部は29日、オーストリア・ウィーンで23~27日に開かれたワッセナー協約の専門家会合で2国間協議を通じ、日本の対韓輸出規制の不当性を指摘し、国際社会の関心を促したと明らかにした。
 ワッセナー協約は1996年に設立された通常兵器や関連技術の輸出管理を目的にする国際枠組みだ。
 韓国代表団は参加国に対し、輸出規制に関する国際的な取り決めを忠実に履行してきたが、日本側が政治的な目的で韓国に対し、一方的かつ恣意的な規制措置を取ったと説明。日本の措置は輸出管理に関する国際枠組みの根本的な目的や趣旨に反するだけでなく、国際的な取り決めを悪用し貿易制限措置を行う悪い前例になったと懸念を示した。
 会合にはワッセナー協約に加入する韓国や日本など42カ国が参加し、通常兵器や関連技術の輸出管理基準の改定について議論した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「日本側が政治的な目的で韓国に対し、一方的かつ恣意的な規制措置を取った」とあるが、これに対して日本側はどういう反論をしたのだろうか。
 「2国間協議を通じ」とあるからお得意の告げ口であり、日本側としては反論する機会もなかったかもしれないが、おそらく面と向かって言われても大したことは言えなかっただろう。
 というのは相変わらず経済産業省がこの措置の詳しい理由を明らかにしていないからである。
 この点に関する直近の言及は次のとおりである(リンクはこちら)。

世耕経済産業大臣の臨時閣議後記者会見の概要
           2019年9月11日(水曜日)
質疑応答
韓国向け輸出管理措置
Q:大臣、冒頭、7月のときに、この措置に至る経緯を説明される中で、当然、意見交換に韓国が応じていないであるとか、あとは輸出管理に関する不適切な事案があるとかということに加えまして、元徴用工問題で信頼関係が損なわれたということも含まれました。その点、今振り返るとどう思われますでしょうか。
A:これはあくまでも措置の判断の原因としては、これは韓国側の不適切な事例があったり、貿易管理が十分ではないということ、これが直接的な理由であります。
 当然、今申し上げた徴用工の問題だけでなくて、その背景として、二国間の信頼関係の問題、当然、貿易管理というのは、相手国がちゃんとやってくれる、約束を守ってくれるという前提において成り立っている。その前提のところが、これが徴用工問題だけではなくて、レーダー照射から、慰安婦の基金の一方的な解散の問題から、いろいろと信頼関係を損ねる事態が続いているという、これは一種の背景だというふうに思っています。そういう意味では、措置の直接的な理由としては、これはあくまでも韓国の貿易管理上、体制が問題が多いということと、具体的に不適切な事案が出てきているということであります。



 相変わらず「不適切な事案」と言っているだけである。
 これでは「一方的かつ恣意的」と言われてもやむを得ない。
 もしWTOでの訴訟のために温存しておこうと考えているなら、とんだ考え違いである。
 そんな後ろ向きの姿勢では心証が非常に悪いからである。

 我が国のネット上ではWTOでの訴訟について異様に楽観論が飛び交っているが、この有り様では負けることもあり得ると言わざるを得ない。
  1. 2019/09/30(月) 06:48:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"トリエンナーレ「少女像」展示再開へ…和解成立" これは言語道断。この責任は大村秀章愛知県知事にきっちり取ってもらわなくてはならない。愛知県議会がやるべきは知事に対する不信任議決!! | ホーム | "【ラグビーW杯】外国選手と日本選手が融合、「ワンチーム」での金星" 久し振りの快挙であり胸がすく思い。たとえ3年とはいえ名だたる外国出身選手が我が国に居住して日本代表を目指してくれるのだから感謝しか感じない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3996-448b6253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)