FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"トリエンナーレ「少女像」展示再開へ…和解成立" これは言語道断。この責任は大村秀章愛知県知事にきっちり取ってもらわなくてはならない。愛知県議会がやるべきは知事に対する不信任議決!!

 9月30日の新聞は,”トリエンナーレ「少女像」展示再開へ…和解成立
 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、いわゆる従軍慰安婦を象徴する少女像などの展示が中止された問題について、展示再開を求める企画展の運営メンバーが申し立てた仮処分の第3回審尋が30日、名古屋地裁であり、中止前の内容で展示を再開することなどを条件に芸術祭実行委員会との間で和解が成立した。早ければ10月6日にも再開される。
 少女像などの展示については、抗議が殺到したことを受け、実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事が8月3日、安全確保を理由に中止を決めた。
 県側は〈1〉犯罪や混乱を誘発しないよう双方協力し、万全の警備対策で臨む〈2〉安全維持のため、事前予約の整理券方式とする〈3〉開会時のキュレーション(展示の企画・運営)と一貫性を保持し、必要に応じて別途説明する〈4〉県が来場者に対し、県の検証委員会の中間報告の内容をあらかじめ伝える――の4条件をメンバー側に提示。この日の審尋で、10月6~8日をめどに再開することを前提に、誠実に協議することなども申し合わせた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「中止前の内容で展示を再開することなどを条件に芸術祭実行委員会との間で和解が成立した」とあるが、これは言語道断である。
 そもそも「中止」の理由がおかしい。
 「中止」すべき理由は「安全」が保たれないからではなく、この「企画展」の内容が「あいちトリエンナーレ」の開催目的に合致していないからである。
 「あいちトリエンナーレ」の開催目的は次のとおりである(リンクはこちら)。

開催目的
新たな芸術の創造・発信により、世界の文化芸術の発展に貢献します。
現代芸術等の普及・教育により、文化芸術の日常生活への浸透を図ります。
文化芸術活動の活発化により、地域の魅力の向上を図ります。



 「いわゆる従軍慰安婦を象徴する少女像などの展示」は「新たな芸術の創造・発信」、「現代芸術等の普及・教育」及び「文化芸術活動の活発化」のいずれにも合致しない。
 したがって最初からこんなものを認める方がどうかしている。 

 とにかくこの責任は「実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事」にきっちり取ってもらわなくてはならない。
 愛知県議会がやるべきは知事に対する不信任議決である。
 地方自治法178条は次のとおり定めている。

第百七十八条 普通地方公共団体の議会において、当該普通地方公共団体の長の不信任の議決をしたときは、直ちに議長からその旨を当該普通地方公共団体の長に通知しなければならない。この場合においては、普通地方公共団体の長は、その通知を受けた日から十日以内に議会を解散することができる。
2 議会において当該普通地方公共団体の長の不信任の議決をした場合において、前項の期間内に議会を解散しないとき、又はその解散後初めて招集された議会において再び不信任の議決があり、議長から当該普通地方公共団体の長に対しその旨の通知があつたときは、普通地方公共団体の長は、同項の期間が経過した日又は議長から通知があつた日においてその職を失う。
3 前二項の規定による不信任の議決については、議員数の三分の二以上の者が出席し、第一項の場合においてはその四分の三以上の者の、前項の場合においてはその過半数の者の同意がなければならない。


 こんな知事に対して不信任議決が成立しないような議会構成だとすれば、それはやはり愛知県民の日頃の投票行動に問題があると言わざるを得ない。
  1. 2019/10/01(火) 02:01:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<"日本人女性暴行の男を起訴=韓国" 今さらネット社会を実感するところであるが、とにかく現在の日韓関係の下では、このような事件が容易に発生する可能性があるので、韓国を訪問する「日本人」、特に女性はよほど行動を慎重にする必要がある!! | ホーム | "日本の輸出規制の不当性指摘 輸出管理に関する国際会合で=韓国政府" 経済産業省は相変わらず「不適切な事案」と言っているだけであり、これでは「一方的かつ恣意的」と言われてもやむを得ない!!>>

コメント

最もです。
  1. 2019/10/01(火) 11:50:34 |
  2. URL |
  3. 関 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3997-5256a76d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)